誰も知らない答えを探して“りんご”に人生の全てを賭けた男と、その家族の実話をもとにした
オリジナルミュージカル「りんご」が、2022年11月19日(土)~12月7日(水)東京都港区の自由劇場にて上演されます。

本作は、青森のりんご農家・木村秋則氏の実話を基に、当時「出来るわけがない」と否定的な意見が多かった、
りんごの“自然栽培”に人生を賭けた彼の生き様と、その家族の半生をダイナミックに描いていきます。
今回、農薬に蝕まれる家族の体を気遣い、無謀とも思われるりんごの自然栽培に挑み続けた主演【木村秋則】役を、
舞台出演の他に振付師としても活躍をしている屋良朝幸が務めます。加えてAKB48およびNMB48のメンバーとして活躍し
卒業後には『Endless SHOCK』のヒロイン・リカ役を3年連続で務めた梅田彩佳や、Def Techのメンバーとして活躍する一方で、
ブロードウエイミュージカル『IN THE HEIGHTS』に出演するなど俳優としても活躍を見せるMicro、
また、つかこうへい作舞台「熱海殺人事件」等に出演し舞台を中心にテレビ・映画・声優など活動の場を広げている細貝圭、
「レ・ミゼラブル」を始め多くのミュージカル作品に出演し、歌唱指導者としても活躍する林アキラ、
劇団四季の多くの作品で主要な役を演じ、退団後はソロライヴ開催やミュージカル出演など精力的な活動を見せる
上川一哉の出演が決定。さらに、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage -track.2-の加藤良輔、
ミュージカル『ジェイミー』の川原一馬、ミュージカル「メリー・ポピンズ」の斎藤准一郎、音楽劇『海王星』の白木原しのぶ、
ミュージカル「弥生、三月」の大倉杏菜の出演も。そして、『エリザベート』や『ミス・サイゴン』など舞台の他、
TVドラマの出演や声優など幅広く活躍をする岸祐二、劇団四季の多くの作品で主演・ヒロインを務め、退団後も話題作への出演が続く
吉沢梨絵に加え、ドラマ・舞台を中心に幅広く活躍し、舞台「僕はまだ死んでない」やTVドラマ「HiGH & LOW」などに出演する
松澤一之が名を連ねました。

2022年11月8日(火)、オンラインでの公開稽古取材会が行われました。

【オンライン公開稽古の様子】

11月19日の公演初日まで2週間を切った、佳境の稽古場の様子がオンラインで公開されました。

©オリジナルミュージカル「りんご」製作委員会/撮影:岩田えり

公開稽古では、作品冒頭のM2〜M4が披露されました。
M2は木村秋則(演:屋良朝幸)がリンゴ木に花が咲き喜ぶシーンから。
アップテンポのファンク調のサウンドに乗せ、10年前に体調を崩したという理由で、
当時東京で就職していた秋則を地元青森へと呼び戻したハルヒコ(演:Micro)等で
当時のリンゴ農家等、農業従事者の生活実情を歌いあげます。

©オリジナルミュージカル「りんご」製作委員会/撮影:岩田えり

しかし、リンゴに散布される農薬を少しでも浴びると痒みが止まらない秋則。
自身が青森に帰って来てからハルヒコは甘えているから独立しろという
秋則の父(演:岸祐二)と、秋則の母(演:吉沢梨絵)の声に秋則はリンゴ農家の木村家とのお見合いをする事に。
同級生である木村家の娘のミチコ(演:梅田彩佳)と意気投合し良い雰囲気に。M3はそんなミチコと秋則が歌う
親の跡継ぎしか出来ず、リンゴを育てるだけだと思っていた農業も悪くない、2人で新しい世界を作ろうという
希望に溢れたナンバーが披露されます。

©オリジナルミュージカル「りんご」製作委員会/撮影:岩田えり

しかし、ミチコは散布される農薬で体調を崩し、1週間寝込む事も。
と、突然、アメリカの開拓者にして西部開拓地にリンゴの種を植えては神の教えを説いて周った人物、
ジョニーアップルシード(演:川原一馬)とその友人(演:加藤良輔)が登場し、西洋リンゴの歴史を歌い踊りますが、
その甘さ故に人間以外の害虫もリンゴを食い荒らしてしまう中、明治時代の終わりに農薬が登場し、
害虫もリンゴの木の病気ともおさらば、とカントリーサウンドを交えて歌い上げた所で
約15分間に渡った公開稽古が終了しました。

【取材会の様子】

オンライン公開稽古の終了後、キャストを代表して、木村秋則役の屋良さん、木村ミチコ役の梅田さん、
ハルヒコ役のMicroさんの3人が登壇してのオンライン取材会が行われ、代表質問がなされました。

Q:自身が感じる本作の魅力は?

©オリジナルミュージカル「りんご」製作委員会/撮影:岩田えり

屋良さん「りんご、という木村秋則さんが生きて来た人生を2時間半の短い時間で描く訳ですけども、
これからの人類や地球であったり、生き物に凄く大切なメッセージがサラッと込められていると思います。
この間、初めて通しが終わった後に演出の荻田さんが「何か、サラッと良い事言ってるね。このミュージカル」
みたいな事を言っていて、なるほどなと。これからの僕等がしていかなきゃいけない事を押し付ける訳でもなく、
それをエンターテイメントだからこそ楽しく見せられて、でも、私達はこれからどういう風に
次の世代に繋げていくかなという重要なメッセージをしっかりと込められている気がしていて。
実際に木村秋則さんにお会いさせていただいたんですけども、やっぱりエンターテイメントじゃないと
伝えられない事っていっぱいあるんだよね、と、凄く力強く仰っていて。
是非、問題提起というか、そういう事を持ち帰っていただいて、何が出来るかを考えて貰える事が出来たら
ありがたいなと思っています。」

©オリジナルミュージカル「りんご」製作委員会/撮影:岩田えり

梅田さん「屋良さんが全部言って下さったんですけど、さっき最初に披露したM2の曲を
私は袖から見ていて、この村に住んでいる人達一人一人はヤバい人達だな、という。
だからこそ、このりんごも無農薬で出来て、沢山の物語が広がっていったんだろうなという位、
物語が進むにつれて、おもちゃ箱の一つ一つが開かれていく様にドンドンと話しが展開していって、
最終的には荻田さんが言って下さったみたいに感動をしているというミュージカルになっているなと
先日通してみて思いました。」

©オリジナルミュージカル「りんご」製作委員会/撮影:岩田えり

Microさん「この「奇跡のリンゴ」については、映画やお芝居で既に見られた方や本で読んだ方も
いらっしゃると思うんですけども、屋良さんの通り、エンターテイメント性や音楽性が素晴らしく、
ファンクや様々なバリエーションの中で、音楽の上にメッセージが乗っかるからりんごのメッセージや
思いがちゃんと伝わる様になったなと。お芝居もただ活字だけだと届かない部分が
今回、このミュージカルが出来上がった一つの締めだなと感じました。」

Q:オリジナルミュージカルを作り上げる手応えや苦労点は?

屋良さん「手応えはステージに立ってから分かるのかなと思いますけど、現時点では稽古が終わってくれるなと思っています。
本当に稽古場が楽し過ぎて一人一人を紹介したい位なんですよ。それ位キャラも粒立っているし、
こんな楽しいメンバーを集めたシーエイティプロデュースは凄いな、と。
一回きりだと本当に見逃す瞬間、「こんな所でサラッと面白い事やってんの!?」という事があって、
稽古中とかも笑っちゃって台詞が言えないとか、そんなのばかりで本番も多分そうなるだろうと。
そういう瞬間に生まれる物を楽しめる作品なので、何回観ても新しい発見が
僕等もお客さんもきっとあるんじゃないかなと思って。だから本番は来年位にしたい気持ちです。」

Q:屋良座長が率いるカンパニーの雰囲気は?

梅田さん「こんなに笑いが絶えない稽古場は初めてだなとめちゃくちゃ思っていますし、
屋良さんが凄く動画を撮って下さって、稽古場の雰囲気が凄く良いからこれを皆さんに伝えたい。
舞台だけじゃなく、裏の所も伝えたいという事で撮って下さっていて、HPにも上がったりとか、
屋良さん自身が編集してナレーション入れとかもして下さっているので、雰囲気の良さとかも
ステージ上には出ると思うので、本番は沢山出れば良いなという風に思っております。」

Microさん「このコロナ禍で皆さんと一緒にご飯行けたりというのは無いんですけど、
稽古をしている間で皆、コミュニケーションをたくさん取って下さって。
僕なんかは音楽畑で来た者なので、お芝居や舞台というものに中々、慣れ親しんでいなかったんですけど、
そういうものを取っ払っていただいて、皆に本当に良くしていただいています。感謝しかないです。」

Q:本作で印象に残るシーン、ここは是非見て欲しいシーンは?

屋良さん「有り過ぎてね〜。先ず、音楽が物凄く様々なジャンルがあって、それこそラップや
ヒップホップのテイストのものもあれば、カントリー調のもあり、こんなに幅広い音楽ジャンルを使う作品って、
意外と今まで見た事が無いし、僕の中ではミュージカルというカテゴリーをぶち壊していると思っているんですよ。
新しいエンターテイメントをこれから作っていきたいというクリエイターの皆さんの思いが凄くこの作品にはあって、
音楽はこの作品の武器の一つになっていると思います。後は僕は木村秋則さん役1本で通しますけど、
皆さん、5役6役やっている方が沢山いて、多分、衣装も含めて無茶苦茶な事になっていると思うんですね。
そういう所も観ていただけたら面白いなと思います。」

最後に公演を楽しみにしているファンへメッセージを。

©オリジナルミュージカル「りんご」製作委員会/撮影:岩田えり

Microさん「屋良さんの通り、1回じゃ見きれないと思います。物語の内容も2度・3度と観ていただける、
本当に何回も見れば見る程、面白くなっていく作品です。何度も通って見て下さい。お待ちしております。」

梅田さん「本当に沢山の方に足を運んでいただきたいなと思っています。色んな果物がある中で
りんごって凄く身近で、風邪をひいた時とかお母さんが色々と作ってくれたりとか、
小さい時から一番位に身近な存在のりんごの背景って、実は知らなかったりする事っていっぱいあると思うので、
今回、こんな無農薬のりんごってあるんだと知らなかったので。そういう方にも
気軽に観に来て欲しいなという風に思っております。」

屋良さん「深く観れば、次の世代に伝えていける、残していける物というのは何だろうな、というのを
凄く考えさせられる作品に成ると思います。ただ、それをエンタメとして凄く楽しく昇華出来る中での
メッセージになるので、見終わった後に「私達が身近で出来る事って何だろう」って、実はいっぱいある様で、
自分の一番近い物って、一番分かんなかったりする状況の中で何を如何して僕等の次の世代に残していけるかというのは、
多分、僕等の今の年齢の人達が考えていく事だなと、演じながら思っているので、
先ず、皆さんが一つのキッカケとなっていただけたら良いなと思います。
後は目の前で起こる事を楽しんでいただければ最高にハッピーに終われると思うので、
そこを楽しみにしていただければと思います。」

【あらすじ】

青森の農家の息子・秋則。りんご農家の木村家の一人娘・ミチコと結婚をし 、婿養子入りをする。
木村家でりんご栽培をしていく中で身体に異変が。原因は散布している農薬であった。
ミチコの身体も気遣い無農薬のりんご栽培を決意するが、そんなことは絶対に不可能と言われた栽培方法は険しい道のりだった。
何度も失敗の繰り返しをし、うまくいかず、失意の中岩木山へ向かう。見上げる星空。
大木、人の手を借りない自然な植物たち・・・自然栽培の糸口となる“土”と出会った。
自殺を意識していた感情から一念発起。さらにリンゴ栽培に勤しみ、ついに無農薬でのりんごの木に白い花が咲く。
自然栽培のりんごの誕生だった。テレビ・公演会など様々なところから声がかかり、日本のみならず海外での挑戦もする秋則。
りんごの自然栽培を通して、人と出会うこと、言葉と出会うこと、農業だけではなく、地球温暖化への取り組み・
放射能汚染など。りんごを通して今我々人間にできることとは何か・・・

【オリジナルミュージカル「りんご」 公演概要】

公式サイトはこちら

<公演期間>
2022年11月19日(土)~12月7日(水)

<会場>
自由劇場

<上演時間>
未定

<料金>
9,500円
(全席指定・税込)
※未就学児童入場不可

『チケット発売』
好評発売中

「プレイガイド」
チケットサンライズ:[チケット予約] 公演詳細 (オリジナルミュージカル「りんご」) (e-get.jp)
チケットぴあ:オリジナルミュージカル「りんご」(オリジナルミュージカルリンゴ) | チケットぴあ[演劇 ミュージカル・ショーのチケット購入・予約] (pia.jp)
イープラス:オリジナルミュージカル「りんご」のチケット情報 (onlineticket.jp)
ローソンチケット:オリジナルミュージカル「りんご」|演劇のチケット ローチケ[ローソンチケット] (l-tike.com)

「問い合わせ」
サンライズプロモーション東京:0570-00-3337(平日12:00~15:00)

<出演者>
木村秋則:屋良朝幸

木村ミチコ:梅田彩佳
ハルヒコ:Micro(Def Tech)

大森豊:細貝圭
大森鶴丸:林アキラ
山下川:上川一哉

フレンド/毛虫/山鳩:加藤良輔
ジョニーアップルシード/テレビ局の男:川原一馬
宇宙人/買うガール/司会者:斎藤准一郎

母(雌)狸/毛虫/宇宙人:白木原しのぶ
バブリーダンサー/仔狸/看護師:大倉杏菜

秋則の父:岸祐二
秋則の母:吉沢梨絵
木村トクイチ:松澤一之

「スウィング」
仲西陸
馬場麻衣子

<STAFF>
監修:木村秋則
演出:荻田浩一
脚本:青木豪
音楽:奥村健介
振付:木下菜津子
美術:伊藤雅子
衣裳:前田文子
照明:奥野友康
音響:原田耕児
映像:九頭竜ちあき、新倉和幸
ヘアメイク:伊藤こず恵
歌唱指導:吉田純也
方言指導:山口のりとも
稽古ピアノ:宇賀村直佳、田中幸美
演出助手:陶山浩乃
舞台監督:村田明
舞台製作:クリエイティブ・アート・スィンク 加賀谷吉之輔
票券:サンライズプロモーション東京
宣伝:エイベックス・エンタテインメント
制作:西谷加奈子、今野亜希
制作デスク:薄田晶子
プロデューサー:江口剛史
主催/企画・製作:シーエイティプロデュース