1度にパンケーキが7枚完成!便利な専用フライパン


今回は、「朝ごはんやおやつ作り」にちょうどいい、フライパンをご紹介します!

朝ごはんに子どもの大好きなパンケーキを作りたいと思ったのですが、通常のフライパンで焼くとどうしても大きくなってしまい、食べきれない…。
また、家族みんなの食べる分を1枚ずつ焼くと時間がかかってしまうため、できたてを出すことの難しさを感じていました。

そんなときに、たまたま広告で見かけて購入したのが、こちらのフライパンです。

9546800ea6d118fca4596000db272ff7

直径約8cmのくぼみが7つあり、1度に7枚のミニパンケーキが焼けるそう。
これなら子どもも食べやすいサイズのパンケーキを量産できます!

たこ焼き感覚でパンケーキが焼ける


この形、どこかで見たような…と思ったら、たこ焼き器に似ているんですね。さっそくパンケーキを作ってみました。

1つのくぼみに、大さじ1くらいの生地を流すとちょうどよくおさまります。
小さいのですぐに焼き色がつくため、焼き始めたらながら作業ではなく見守ったほうがよさそう。
テフロン加工されているので油なしでも焼けますが、溶かしバターを塗るとさらにおいしく仕上がりますよ。

F5be288bcf0f3a3b6595e943a633f05e

焼き上がったパンケーキがこちらです。
絵本にでてくるホットケーキのように、重ねてパンケーキタワーにするとかわいい!
家族それぞれの食べる量に応じて枚数を調節できるので、大人と子どもが同じものをおいしく楽しめます。

実際に使ってみて、気になる点は?


我が家はガス火なのですが、7つのくぼみの中でも火の当たり方が違い、焼き上がり時間に差が出ました。中央のくぼみが一番早く焼けるので、焼き上がったらすぐ皿に移し、他のくぼみで焼いているパンケーキを中央に移動させるとよいでしょう。

また、普通のフライパンで使っているフライ返しが、大きすぎてくぼみに入りませんでした。
いろいろと試した結果、パンケーキを竹串で刺して裏返す方法が1番やりやすかったです。

「仕切りのついているフライパン」と考えると、朝ごはんやお弁当作りに使えば、1度に複数のおかずを作ることができますね!パンケーキ以外にも使いみちが広がります。

パンケーキが1度にたくさん焼けるフライパンをお探しの方、ネットで「パンケーキ フライパン」等で検索して、ぜひお試しくださいね!

菱路子

料理ライター兼会社員。2007年、ひとり暮らしスタートをきっかけにお弁当を作りはじめ、お弁当ブログを立ち上げる。これがきっかけとなり、料理・外食コラムやレシピ提案、料理写真撮影を手掛けるライターとして活動を開始。「手をかけすぎず、ちょうどよくおいしい」が料理のモットー。プライベートでは1児と1猫の母です。

【ブログ】曲げわっぱのお弁当ブログ wappa!

【クックパッド】wappaのキッチン