ハムカップや海苔カップなど、食材で作る”○○カップ”をこれまで色々紹介してきましたが、今回ご紹介するのは「ゆで卵の白身カップ」。ソースやケチャップを入れてもよし、ちょこんとおかずを入れてもよし。市販のお弁当用カップと違って、ぱくっとそのまま食べられる可愛いお弁当おかずです。

白身カップの作り方


作り方はとても簡単です!使うのは、ゆで卵とナイフ(包丁)だけ。ポコっと黄身と白身が分かれる瞬間は快感ですよ♪

ゆで卵の切り方を変えるだけで…

お弁当に✿ゆで卵の白身カップ♡

by ガセリさ

ゆで卵の白身をカップとして利用✿
アナタのアイディアでいろいろ入れてね♡
最後はパクッ♪

実践!ポイントは切り込みの入れ方

1.ゆで卵にギザギザ切り込みを入れる

31bff562957f382aa3d544f77d67369a

2.ゆで卵をゆ〜っくり左右に引っ張る

14d2bd59d1ecae60c378c580f618405d

3.はい、出来上がり!

9456bb8263e0afa7d11dfc8202ced07c

お弁当が可愛らしくなる!


つくれぽでは、実際にお弁当に入れている人の写真も多く投稿されていました。

01e9a1efc87c5cf70e27c912462691cc

カップにケチャップやおかずを入れているだけでなく、片方の黄身側にも顔を書いて可愛くするなどの工夫が!おうちに市販のカップがなく、おかずやソースをちょこっと入れたいというときにもオススメですよ〜。

「お弁当」の基本ルール

水分が少ないおかずを選ぶ
おかずの味つけは濃いめにする
おかずは十分に加熱調理する
作りおきおかずは、詰める前にレンジで再加熱&冷ましておく
おかずやご飯は、しっかり冷ましてから詰める
素手ではなく、清潔な箸やスプーンで詰める
持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを利用する

[お弁当に"卵おかず"を入れる時の注意点]

半熟ではなく、しっかり加熱すること
(目安:75℃以上で1分以上加熱)
しっかり冷ましてからお弁当箱に詰めること
持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを利用すること