シンプルな美味しさ


夏は「おろし」にしていただくことが多い大根。食欲が落ち気味の夏でもさっぱり食べられますよね。今日は、そんな「大根」を使った晩酌にぴったりの一品を紹介します!

やみつきになる味

やみつき!塩ダイコン

by 斎藤なかは

大根をリボンにして、生でパリポリおいしく!サラダというよりナムルかな??

スライスした大根とごま油、鶏ガラスープのもとをあわせるだけというシンプルな料理ですが、これがお酒のつまみに合うと好評!ごま油と鶏ガラスープが大根と絡み合ってほどよい塩加減に。これまで数々の「塩○○」レシピを紹介してきましたが、大根もイケますよ。しかも火を使わず、大根は生のままでOK。暑い夏でも調理が簡単です!

つくれぽでも大絶賛!


つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)でも「いつも大根買って後半は飽き飽きしちゃいますがこのレシピで大助かり」「お酒のアテにも最高でした」と大好評。ビールのおともにもピッタリですね。

Bd72bd6770e3306f9d22f7d1a370452c

いかがでしたか?調味料とあわせるだけで簡単に作れる「塩大根」。生の大根のパリポリ食感もクセになること間違いなし。夏の晩酌タイムにぜひ♪