みなさんはアメリカ・シカゴのB級グルメ「シカゴピザ」をご存知ですか? キッシュみたいな見た目で厚みがあり、具がぎっしりと詰め込まれたピザです。「DevilCraft(デビルクラフト)五反田」は、そんな迫力満点のピザを東京で食べられる数少ないお店です。
「デビルクラフト五反田」は、JR五反田駅からすぐのビル9階にあります。大きな窓からの眺めがよい店内は広々として開放的。ゆったりとした気分で過ごせます。

オーナーは、3人のビール好きのアメリカ人。アメリカでビールの自家醸造を楽しんでいた経験をいかし、日本でオリジナルのクラフトビールとシカゴスタイルのピザを多くの人に楽しんでもらおうと、神田店を皮切りに、浜松町店、五反田店を開きました。
シカゴピザは“ディープディッシュピザ”とも呼ばれ、パン型を使って作ります。こちらのお店ではオリジナルの配合で仕込んだ生地を敷き詰め、3種のチーズとたっぷりの自家製トマトソースを重ねてベースに。そこへさまざまな具を詰め込み、オーブンで焼き上げます。

口を大きく開けて食べると、生地がカリカリふかふか。オレガノをはじめとする香辛料をミックスしたトマトソースの独特の風味が後を引きます。看板ピザの「デビル・ワークス」は野菜がたくさん入っていて、見た目の印象よりあっさりとした味わいです。
お客さんには外国人も多く、ベースにエキストラチーズを詰めた「ビッグ・チーズ」(Sサイズ1250円)やお肉とエキストラチーズを詰めた「ミッツァ」(Sサイズ1950円)が本場の味と人気。カットすると断面からチーズがなだれのように流れ落ちます。
ピザが焼き上がるのは、火をじっくりと中まで通すので30分程度。アメリカンフードをつまみながらビールを飲んで待ちましょう。クラフトビールはオーナー3人のアイデアを集結したオリジナル8種、アメリカや国産ビールから選んだ12種を用意。種類は日々変わります。

この日おすすめのオリジナル「エンジェル クラッシュ」は、まろやかな苦味がビール好きにはたまらないIPAスタイルのクラフトビール。コクのあるピザと相性抜群で、シトラスフルーツのようなフルーティーな香りによって口の中がすっきりとするため、ピザがますます進みます。
「デビルクラフト」のシカゴピザは見た目も味わいもインパクト大。クラフトビールもここにしかない風味がそろっているので、いっしょに楽しんでみてくださいね。週末はとくに賑わうため、予約して出かけましょう。いつでも申し込めるHPからがおすすめですよ。