2017年上半期に、みなさんの注目を集めた記事をランキング形式でご紹介。
第一弾は「旅の目的地にしたい宿」。日常からちょっと離れた空間で、すてきな1日を過ごしてみませんか?
京都に明治時代に建てられた京町家の宿があります。
朝ごはんのおいしさで知られるその宿は、地下鉄丸太町駅から徒歩12分。二条城と京都御所のちょうど中間あたりにある「小宿 布屋」。
ご夫婦ふたりで切り盛りする片泊まりスタイルの宿で、「ぬ」と書かれた暖簾が目印です。
緑と農園に囲まれた空間でバーベキューやアクティビティ、農業体験ができることで人気のグランピング施設が、千葉県香取市にあります。天然温泉も併設されていて、快適で贅沢なキャンプが楽しめるんですよ。
北軽井沢の深い森の奥に、「つくつく村」というなんとも可愛らしい宿があります。その佇まいはまるで、幼い頃に読んだおとぎ話に出てくる家のよう。なんと、ご夫婦が2人で一からDIYで作ったという驚きのコテージなんですよ。
快適なホテルの中でグランピング気分を味わえる「UNWIND HOTEL&BAR(アンワインド ホテル&バー)」が、2017年2月4日、北海道・札幌にオープンしました。まるでロッジに滞在しているかのような非日常感を体験できる、新しいスタイルのホテルです。
北海道のほぼ真ん中に位置する、美瑛町。
なだらかな丘陵と豊かな自然が広がるこの町に、まるでおとぎの国のような、かわいくて温かい気持ちにさせてくれる村がありました。

1日5組限定・全室離れの非日常空間で、物語の主人公になった気分で、過ごせますよ。