2017年上半期に、みなさんの注目を集めた北海道の記事をランキング形式でご紹介します。
キュートないちご大福専門店や、六花亭の喫茶室でしか味わえないオリジナルスイーツが人気を集めました。
今年1月、札幌 大通公園近くにオープンした「いちご大福専門店 ぽたぽたいちご」。毎日、契約農園から届くいちごを上にのせたかわいらしい大福に、一目ぼれする人が続出です。
全国で北は札幌から南は福岡、海外ではロンドンにもショップがあり、スキンケアやフレグランスなどの自社ブランドを展開する「shiro(シロ)」。毎日使うものや食べるものだからこそ、できるだけ自然の素材をシンプルに、その素材の良さを最大限に引き出した商品づくりをしています。中でも、北海道の「shiro砂川本店」は直営店で唯一、スキンケアに使われている素材のおいしさを料理で伝えるカフェを併設したショップです。
北欧のアンティーク&ヴィンテージ雑貨のセレクトショップと、北海道産の素材を使用したふわふわのパンケーキが楽しめるカフェを併設する「SUNUSU(スヌス)」。ヨーロッパ各地を巡り歩いて探したアンティークと、こだわりのパンケーキで贅沢なひと時を過ごしてみませんか?
札幌では定番になりつつあるシメパフェ。これは言葉のとおり、お酒を飲んだ後や食事後に一日の締めを飾るパフェのことです。
そんなシメパフェを楽しめるお店の一つにすすきのの「INITIAL(イニシャル)」があります。お店自慢の美しいパフェで旅の一日を締めくくりませんか?
六花亭といえば、北海道を代表するお菓子メーカー。全国的にファンが多く、お土産の定番です。北海道の喫茶室では六花亭ブランドのスイーツをいただくことができますが、なかでも「札幌本店」など一部の店舗でしか食べられない、オリジナルのスイーツがあるんですよ。