愛知県西尾市に、かわいいスイーツで人気を集めているレトロな喫茶店があります。名鉄西尾線「桜町前駅」から徒歩5分。レトロモダンな建物を入ると、調度品や家具も歴史を感じさせる色合い。昔ながらのメニューを守りながら、新しいメニューも創作していて、美しい断面がフォトジェニックないちごサンドや卵の風味たっぷりのプリンなども。手作りのおやつを香り高い珈琲とともに楽しむことができますよ。
愛知県西尾市にある「喫茶閣」。名鉄西尾線「桜町前駅」から徒歩5分ほどの場所にある、線路沿いにたたずむ喫茶店です。黒い看板に白い建物というモノトーンなコントラストが印象的。当時は畑と牧場が広がっていたというこの地に46年前、お店を開業しました。
店内はゆったりと席が配され、席に座ると使い込まれたテーブルや椅子からも歴史を感じることができます。床のタイルはイタリア製のもので、カーテンタッセルが付いた特注の窓などセンスの光る調度品がいっぱいです。年代物の照明が優しい光を放ち、創業時から飾られている振り子時計は現役で時を刻んでいます。
46年前に店を立ち上げた本多さんは、豆を挽く道具から調度品まで、こだわりの品々を取り揃え、店作り上げました。残念ながら7年ほど前に他界され、現在は奥様と息子さんが店を支えています。「子どもの頃からここで毎日遊んでいたので、家のように過ごしていました」と、家族にとっても愛着のあるお店。一時はなくなりかけていた先代の味を再現するなど、お店を盛り立てるため奮闘しています。
コーヒー専門店だけあって、ブルーマウンテンやコロンビアといったコーヒーをサイフォンで丁寧に淹れた、一杯は味わい豊か。器もレトロモダンなティーカップが並んでいてコーヒーの時間を特別なものにしてくれます。アイスコーヒーは、冷たさを手にしっかりと感じることができる銅製のカップ。40年以上前から使い続けている品です。
先代のお店を受け継いで手伝うようになった本多さんは、新しいお客様を増やしたいとメニューを一新し、今までなかったデザートメニューを新たに加えました。そのなかで人気なのが地元の農家から直接仕入れたイチゴで作る「いちごサンド」。クリームは甘さ控えめにし、苺の甘さや酸味を感じられるようにしています。

ほかにも苺ジュースや苺パフェなどがあり、フレッシュなイチゴが入荷する4月末までの限定メニューとなっています。5月からはこの苺を使ったシロップがたっぷりのかき氷も登場する予定。ほかにも地元の抹茶や甜菜糖など、素材の味わいを生かしたいろいろなかき氷が夏期限定お目見えするとか。楽しみですね。
手作りのプリンは玉子の風味を楽しめる昔懐かしい味ですが、こちらも新たに加わったメニュー。ほかにもパンナコッタやコーヒーゼリーなど、定番のデザートメニューがいろいろあるので、コーヒーと一緒に楽しんでみてください。
お店には先代が考案したオリジナルのフレーバーコーヒーやカラフルなソーダ水など、昔から通ってくれているお客様にも懐かしんでもらえるメニューが健在。鉄板で提供するナポリタンやミートスパのように、先代が残したレシピを元に再現し復活させたものも。ランチの人気メニューとなっています。
懐かしい味や変わらない雰囲気を求め朝はモーニングを楽しむ常連さんが、午後はレトロでかわいいデザートを求め若い女性も訪れる喫茶店「珈琲閣」。開店当時の味や雰囲気を大切にしながら新しく進化しているお店に、ぜひ足を運んでみてください。