2019年7月、神楽坂にメロンの魅力を堪能できるメロン専門店「果房 メロンとロマン」がオープン。こちらは、日本と世界から集めた旬のメロンを使ったオリジナルメニューを気軽に味わいながら、メロン関連の絵本やムービー、ぬりえなどを通してメロンの世界を五感で体験できるスポット。メロンの深くておいしい世界を味わってみましょう。
神楽坂駅から神楽坂通りを約10分歩いたところにメロン専門店「果房 メロンとロマン」が2019年7月にオープン。青森県つがる市がメロンの魅力を伝えるために開いた専門店です。
店内では7月から9月にかけては、つがる市で生産される主な5品種のメロンをメインに、それ以外の時期は日本と世界から集めた旬のメロンを使ったオリジナルメニューの数々を味わえます。
メニューは約10種類。なかでも人気は、「メロンの特製フレンチトースト」(レギュラーサイズ1680円/税別、ハーフサイズ1280円/税別)。外はカリカリ、中はふわふわに焼き上げたフレンチトーストに、自家製のメロンソースをたっぷり。フレッシュなメロンが数種類とバニラのジェラートがセットになったボリュームいっぱいの一品です。
レトロなメロンソーダを思わせる「専門店のメロンクリームソーダ」もイチ押し。本物のメロンを炭酸ソーダとミックスし、大きくカットした生メロン、自家製の濃厚なメロンジェラートとさくらんぼをトッピング。隠し味のライムが爽やかさを引き立てます。
7月から9月にいただける夏季限定の食べ比べメニュー「3種のメロンテイスティング」は行列必至。つがる市で生産されるメロン5品種「タカミ」「キスミー」「ホームラン」「アスコット」「レノン」を中心に、その時期に最もおいしく味わえるメロンをセレクトし、食べ比べができます。品種ごとに味わいが違って楽しいですよ。
イートインのほか、テイクアウトもできるメニューも充実しています。おすすめは、「生メロンのフルーツサンド」(550円、2種セット1000円/いずれも税別)。メロンの香りと相性のいいレーズンパンで、大きくカットした旬の生メロンと甘さ控えめの自家製クリームをサンド。グリーン系とオレンジ系の2種類のメロンから選べます。
店内でいただけるメロンの品種は時期によって変わりますが、冬の季節は熊本の「アールスメロン」、宮崎の「尾鈴赤肉メロン」などを提供。1階のショップでは、夏になると旬のメロンを一玉丸ごと買うこともできるほか、無料で飲めるメロンフレーバーウォーターを設置し、複数の品種のフレーバーの飲み比べも楽しめます。
2階のカフェスペースではメニューが出てくるまでの間、つがる市で生産されているメロンの色を表現した5色の蛍光ペンを使ってぬりえができたり、メロンを題材にした絵本や本を読んだり、女の子とメロンとの不思議な出会いと交流を描いたムービーも楽しめます。

五感でメロンの世界を体験できる「果房 メロンとロマン」。神楽坂さんぽ巡りの小休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。