フルーツサンド専門店「フツウニフルウツ」は、人気ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」の姉妹店です。3号店となる「フツウニフルウツ土佐堀パーラー」が、大阪・土佐堀に2019年11月オープン。大阪でしか食べられない、かわいくておいしい多彩なメニューを、お楽しみください。
「フツウニフルウツ土佐堀パーラー」は、大阪・肥後橋駅を出て、川沿いを5分ほど歩いた場所にあります。1階はフルーツサンドや飲み物をテイクアウトできるスペース。
東京で人気の「フツウニフルウツ」のフルーツサンドを、大阪でも味わえるのは嬉しいですね。天気の良い日は、フルーツサンドとコーヒーをテイクアウトして、公園でピクニックもおすすめです。

2階は、食事ができるカフェスペースに。ピンクの壁やフルーツ柄のクッション、フルーツの切手が散りばめられたテーブルなど、かわいい店内にときめきます。リバーサイドのテラス席は、開放感たっぷりの人気席です。

パーラーメニューは、フルーツサンドをはじめ、パフェやトーストなど他の店舗では食べられないメニューばかり。中でも人気のおすすめメニューをご紹介します。

「パンとエスプレッソと」で大人気の食パン“ムー”を使ったフルーツトースト。一度食べたらやみつきになると噂の食パン“ムー”を贅沢に厚切りして、その上に自家製のバニラムースと、洋酒がほんのり香る生クリーム、新鮮な季節のフルーツをたんまりのせた豪華なトーストです。

食べ応えのある一品ですが、食パン・クリーム・フルーツがそれぞれおいしく、さっぱりした新鮮なフルーツと一緒に食べれば、ぺろりと食べられてしまいます。フォークとナイフで切って、上品にいただきましょう。さわやかなオレンジの風味が香るフルーツティーとの相性もバッチリです。

ひとつは定番のミックス、もうひとつは季節のフルーツを使ったフルーツサンドは、お店で一番人気の定番商品。季節のフルーツサンドは、テイクアウト用とは違うフルーツを使っていて、カフェでしか味わえない一品です。今の季節は、甘みと酸味のバランスが良い“あまおう”を使ったフルーツサンド。ふわふわして弾力のある食パンに、マスカルポーネ入り生クリームと、甘酸っぱいフルーツが大胆にサンドされています。

季節のフルーツドリンクは、いちごジュース。底には果肉たっぷりのイチゴジャム、かわいいピンクのスムージーに、いちごと生クリームがちょこんとトッピングされています。思わず写真を撮りたくなってしまうかわいさ。その見た目からは想像できないほど、飲んでみるとさっぱりしていてゴクゴク飲めてしまいます。底のジャムとスムージーを混ぜて、味の変化を楽しみながら飲んでみてくださいね。

13時から販売のプリンアラモードも、ここでしか食べられない特別な味。どこか懐かしく、鮮やかで豪華な見た目に心が躍ります。

昔ながらの固めなプリンは、“蘭王卵”を使った自家製濃厚プリン。プリンの下には、ほろ苦い自家製コーヒーシロップを染み込ませたパンの耳が敷き詰められていて、大人の味です。プリンもトッピングもすべて自家製のこだわりのプリンアラモードは、ほっと一息おやつの時間にぴったりですよ。

天気の良い日は、日の光を浴びながら、テラス席でゆったり過ごしてみてはいかがでしょうか。季節をくっきり感じることができ、ほっとくつろぐ時間を過ごすことができるはず。テラス席で食べるフルーツサンドは格別ですよ。

「フツウニフルウツ」という店名には、普段フルーツを食べる機会が少ない人も、日常にフルーツを取り入れてほしいという想いがこめられているそうです。その名の通り、「フツウニフルウツ土佐堀パーラー」では、食事から飲み物までフルーツを使ったこだわりのメニューを楽しむことができます。

新鮮でおいしいフルーツを食べに、ぜひ足を運んでみてくださいね。