都内とは思えない豊かな自然が広がる奥多摩。新宿から電車で90分程度とアクセスしやすいのも魅力です。トレッキングやサイクリング、カヌーなどさまざまな楽しみ方ができますが、絶好のロケーションを生かしたおいしいお店も点在。今回はエリアの玄関口・青梅市内も含めて6つをご紹介します。観光途中の休憩や小さな旅の目的地にぜひどうぞ。

奥多摩の山々を眺めながら手づくりの味を♪「やお九」

多摩川・御岳渓谷のすぐ近くにある「甘味とごはん処  やお九」。御嶽駅から徒歩2分と便利にアクセスできます。食事はひと晩寝かせた生地をオーダー後に丸めてつくるだんごを使った「だんご汁」が数種類、甘味はかき氷やあんみつなど。国産食材を使い、シロップやあんこも手作りしています。テラス席やこたつ席があるので、どの季節に訪れても快適。清流のせせらぎと四季折々の山の眺めを楽しみながら、食事やお茶のひとときを過ごせます。

水面が目の前♪「リバーサイドカフェAWA」

御嶽駅から気持ちいい遊歩道を20分ほど歩いた場所にある「リバーサイドカフェAWA」。キャニオニングやラフティングツアーの拠点に併設されたカフェです。山のように盛り付けられたローストビーフ「ボルケーノ(写真)」は看板メニュー。他にもビーフシチューやビーガン対応のセット、パンケーキやスイーツなどがあるので、アクティビティの前後やさんぽ中のひと休みにもぴったりです。多摩川を見下ろす開放的なオープンテラス席も。

電車を眺めながらひと休み♪「ポートおくたま」

奥多摩駅の2階にあり、カフェ&待合スペース「ポートおくたま」。手打ちそばやカレー、ソフトクリーム、スペシャルティコーヒー、クラフトビールなどが楽しめる複合ショップです。そのうちの1つ「蕎麦太郎カフェ」では、カレーや丼もの、地ビールを提供。施設内では地元の木工品や加工食品、缶ビールなどのお土産や、中古アウトドア用品も販売。奥多摩観光の拠点としても便利に使えそうですね。

名酒の蔵元が手がける美しい庭園「澤乃井園」

奥多摩の岩清水で仕込んだ日本酒「澤乃井」などで知られる蔵元「小澤酒造」。沢井駅から多摩川にかけての広大のな敷地に酒蔵や売店、食事処などが点在しています。その中の「清流ガーデン 澤乃井園」は名前の通り川に近い場所にある自然豊かな庭園。渓流に面したあずまやで、うどんやそば、おつまみや甘味などの軽食を楽しめます。できたてのお饅頭やタンクから量り売りで買える生原酒など、ここならではのお土産も見つかります。

名所にもほど近い隠れ家古民家「アースガーデン」

数馬の切通しや数馬峡に近く、白丸湖の眺めも美しい「森の中のお肉レストラン アースガーデン」。最寄り駅や駐車場から数馬峡橋を渡り、門をくぐってたどり着くアプローチも魅力です。名前の通り銘柄豚や銘柄牛を使ったハンバーグやステーキなどお肉料理が名物。地元産のきのこや野菜など山の幸を堪能できる奥多摩ならではのメニューも揃います。地元産のこだわり卵を使った「プレミアム奥多摩プリン(写真)」など、スイーツも絶品。

丁寧につくられるパンやお菓子をお土産に。「noco」

奥多摩エリアの入口でもある青梅市の里山エリアにあるベーカリーカフェ「noco」。2017年のオープン前はオリジナル家具の工房、その前は同市で盛んだった織物の工場だった歴史を持つお店です。こちらのパンは北海道産の国産小麦を中心に、風味豊かで旨味の強い天然酵母「ルヴァンリキッド」を使ったもの。生産元の確かな野菜や季節の食材も加え、毎日食べたくなるパンや焼き菓子を販売しています。現在はテイクアウトのみで営業中。

いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、おいしいランチやスイーツを楽しめる奥多摩&青梅のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。