気軽に行ける自然の宝庫として人気を集める高尾山。ふもとの京王線高尾山口駅周辺にはカフェや温泉など、魅力的なスポットが豊富です。なかでも2019年11月にオープンしたゲストハウス&カフェバー「Mt.TAKAO BASE CAMP」は、ハイカーやトレイルランナーに人気の新スポット。宿泊しなくても利用できるカフェで、緑を眺めながらのんびりと過ごしてみませんか?

川沿いのテラス席が気持ちいい、1階のカフェ

京王線高尾山口駅から徒歩3分、甲州街道沿いに建つグレーと木目の外観がスタイリッシュな建物が「Mt.TAKAO BASE CAMP」です。1階がカフェ、2階がゲストハウスになっていて、トレイルランニングやソロハイク、ファミリーハイクなど、さまざまなスタイルで山を楽しむ人たちが利用しています。

1階のカフェは宿泊客以外も利用可能。おしゃべりに花を咲かせる地元のお年寄りや、ワイン片手に読書する人など、登山目的以外のお客さんも多く訪れています。

晴れた日なら奥に広がるデッキテラスのテーブルがおすすめ。すぐそばを流れる案内川のせせらぎや野鳥のさえずりに耳を傾け、高尾の自然を身近に感じながら、のんびりとした時間を過ごせる特等席です。

ランチやスイーツ、ワインや地元のクラフトビールも

カフェで味わえるのは、ジューシーな黒豚と八王子産ブランド卵を使った「黒豚ロースポーク丼」や、揚げ野菜と若鶏の唐揚げがのった「ベースキャンプカレー」など、下山後のハイカーのお腹も満たすボリュームのあるフードメニューの数々。

後味がさわやかな「レモン香るベイクドチーズケーキ」や、大きめサイズがうれしい「山プリン」など、オリジナリティあふれる自家製スイーツも評判。スイーツに合うコーヒーは、地元高尾の「Tengu Coffee」がプロデュースしています。

イタリアやニュージーランドなどのワイン、地元高尾の小さなブリュワリーで醸造されているクラフトビールもあるので、夕暮れのテラス席で静かにグラスを傾けるのもいいですね。

2階にはドミトリーやファミリールームを完備

2階のゲストハウスは宿泊客専用のスペース。4人部屋と10人部屋の2タイプのドミトリールームのほか、トイレや洗面、シャワー付きのファミリールームも用意しています。

ドミトリーは3850円〜とリーズナブルに宿泊できるのが魅力です。従来の山小屋とは異なり、各ベッドには読書灯やUSBポート付きのコンセント、セキュリティボックスを設置。専用カーテンで仕切れば、プライベートスペースは十分に確保できます。

宿泊しなくても、ロッカーやシャワーのみを利用できるので、着替えをロッカーに預けて高尾山へ出かけ、下山後にシャワーを浴びて着替えてからカフェで打ち上げをするグループも多いそうですよ。

高尾の自然の中で、リモートワークしてみませんか?

「Mt.TAKAO BASE CAMP」では、新しい試みとして「山小屋リモートワークプラン」を用意しています。1日1500円(平日のみ、宿泊込みは4500円)で、1階カフェと2階コンコースを利用でき、メニュー内のドリンクが飲み放題、フードメニューも割引になるというもの。

フリーWifiで電源も利用できるので、パソコンを持ち込んでの作業が可能です。
豊かな緑の中では、家にいるより何倍も作業に集中できそう。気分転換したくなったら、ロッカーに荷物を入れて、高尾山のふもとをのんびり散策してもいいですね。

************
世界一登山客が多いことで知られ、日本遺産にも認定された高尾山。ふもとでの楽しみ方がますます充実しています。これから紅葉の見頃を迎えるこのエリアへ、ふらりと出かけてみませんか?