大分県の由布院にある老舗旅館「亀の井別荘」にある喫茶室「茶房 天井棧敷」。扉を開けると、そこは江戸時代に使われていた造り酒屋を改装した空間。店内に流れるグレゴリオ聖歌がより幻想的な雰囲気を演出しています。格式漂う店内で、オープン当初からある名物スイーツとオリジナルブレンドのコーヒーを味わいながら非日常のひとときを過ごせます。

老舗旅館の庭内にある喫茶室

由布院駅から徒歩18分、金鱗湖のそばに建つ創業100年の歴史ある旅館「亀の井別荘」。その歴史を感じられる茅葺き屋根の門をくぐると、その先は宿泊者専用エリア。1万坪を誇る敷地内には、山里料理を出すレストラン「湯の岳庵」や造り酒屋を改装した店内でみやげを販売する「鍵屋」などがあります。「鍵屋」の2階にあるのが「茶房 天井棧敷」です。

グレゴリオ聖歌が流れる幻想的な店内

店内に入ると、聞こえてくるのはグレゴリオ聖歌。かつて由布院はキリシタンの地だったという歴史背景などをふまえてBGMに選んだそう。幻想的な雰囲気を醸し出す歌声が耳に心地よく、やさしく響き渡ります。建物は江戸末期の造り酒屋を移築し、麹室として使われていた屋根裏を改装して造られたもの。

酒樽を利用した丸テーブルやレトロな蓄音機などの重厚なインテリアが、その歴史に調和しています。四季折々の表情がみられる庭を眺める窓際の席や、隠れ部屋のような2階席もあり、どこに座ってもここにしかない特別な空間が広がっています。

由布岳をイメージした名物スイーツ「モン・ユフ」

30年以上前から愛されるこの店を代表するメニューがクリームチーズとホイップクリーム、ラムレーズンを使ったシンプルなスイーツ「モン・ユフ」。由布院のシンボル、由布岳を模して作られました。山形のフォルムにレーズンで岩肌を、粉糖で雪を表現。濃厚なチーズのコクと芳醇なラムレーズンが相性抜群です。心地よい苦味とコクを感じるコーヒー「天井棧敷ブレンド」ともよく合います。

旬の果物を使った季節限定ドリンクも

季節ごとに期間限定で登場するフレッシュジュースもおすすめです。10月中旬から11月下旬に登場するのは「紅玉のジュース」。フレッシュで甘酸っぱい紅玉リンゴの美味しさを味わえます。ほかに初夏は甘夏、夏はデコポン、冬はイチゴなど季節ごとの果物を使ったメニューを提供。窓の外に広がる四季折々の風景と一緒に、旬の恵みを堪能できますよ。

由布院で100年紡いできた名宿の歴史を感じられるカフェで、四季を感じながらのんびりした時間を過ごしてみてはいかがでしょう。