ガラス越しに見える大きなシャンデリアが目をひく「オー メルべイユ ドゥ フレッド」はフランスの伝統菓子・メルベイユが人気のお店。シャンデリアやマーブルのカウンターなどフランスにある本店と同じ内装の店内はメルベイユがカラフルに並び、まるでフランスへプチトリップしたかのようです。オシャレなカフェで上質な時間を過ごしてはいかがでしょうか。

キラキラした大きなシャンデリアが目印

フランス国内のほかベルギーやニューヨークにもショップがある「オー メルべイユ ドゥ フレッド」のアジア圏1号店です。オーナーが街の雰囲気が気に入ったという神楽坂にお店をオープンしました。フランス語と英語、日本語が入り混じる店内はつかの間の海外旅行気分も味わえます。

クリスタルがきらめく中でヴィエノワズリを選ぶ楽しい時間

メレンゲやクロワッサン、大きなブリオッシュなどすべての商品はフランス本店と同じレシピで作ります。ホールケーキのような形に焼くプリンや長方形の「フラマンドル風ワッフル」(250円)など、フランスらしいヴィエノワズリは見ているだけでもワクワクしてきますね。さらにバターはフランス産を使い香りも豊か。こうしたパンやお菓子は約2時間ごとに焼きあがり、できたてが次々と運ばれてきます。

ホイップミルクたっぷりのカフェオレといただく伝統のフランス菓子

フランスの伝統菓子「メルベイユ」は卵のようなかわいい形で、メレンゲにホイップクリームを乗せ、そのまわりをチョコレートチップやナッツなどでコーティングした品のいいお菓子です。軽い口当たりのホイップクリームはキャラメルやチェリー、コーヒー風味などの種類があり、6種類の味が楽しめますよ。
ダークチョコレートチップでコーティングした定番の「メルベイユ」とホワイトチョコレートチップの「アンクロワイヤブル」は大きなサイズのホール型もあり、パーティ―のおもてなしにもピッタリ。

おしゃべりが弾むフレンチテイストのカフェ

2階と3階のカフェには、店の奥にあるシンプルなブラックアイアンの螺旋階段から進みます。シャンデリアをすぐ近くで見られる2階はリッチな気分で過ごせるほか、明るい光の入る3階はテラス席も併設され開放感があります。
一口サイズのメレンゲがつくカフェオレやハーブティーでゆったりと過ごしたり、ブリオッシュ生地のサンドイッチで軽めのランチにするのもいいですね。

おいしいメレンゲをボリュームたっぷりのドリンクでも

カフェでのもう一つのおすすめ「マニフィックドリンク」は、サクサクのメレンゲをチョコレートドリンクやホイップクリームと一緒に味わえます。ヘーゼルナッツのシロップとチップがトッピングされて風味も豊かなオリジナル。好きなお菓子と一緒にぜひ味わって。

フレンチポップスが流れる店内はほんのひと時でもプチトリップに出かけたような気分にもなります。気づけば「Merci (メルシー)」と笑顔でお店を出ているかもしれませんね。