築120年の金澤町屋をリノベーションした「Angolo CAFFE(アンゴロカフェ)」。
現地に住んでいたこともある、イタリア大好きなオーナーさんが営むカフェです。

温かみのある落ち着いた空間でいただける、本格エスプレッソやティラミスをぜひ味わってみて。

金澤町屋で過ごす非日常なひととき

金沢駅から徒歩10分の場所にある「Angolo CAFFE」。カウンター6席テーブル席6席の小さなカフェです。

町屋のなかには、カフェ「Angolo CAFFE」をはじめ、花屋「hibou (イブー)」、イタリアンレストラン「ORIGO(オリゴ)」の3店舗が併設されています。2階には、1グループだけが泊まれるホテルもオープン予定なんだとか。

イタリア愛が詰まったカフェメニュー

「アンゴロプリン」は、イタリア語の「アンゴロ(角)」に掛けて四角いフォルムに。

牛乳と砂糖と良質な卵の3つの素材のみで作られており、クラシックなプリンとなっています。ほろ苦いカラメルがたっぷりかかっているプリンは、甘さ控えめな大人味です。

イタリアでも人気なスイーツ「ティラミス」は、驚くほどにみずみずしい食感。口に入れた瞬間、エスプレッソをたっぷり染み込ませた生地が口いっぱいにジュワーと溢れ出します。

マスカルポーネチーズにラムをしっかり効かせているので、深みのある濃厚な味わいに。

コーヒーメニューは、エスプレッソをはじめマキアートやカプチーノが揃います。

カフェラテにはミルクがたっぷり。ミルクのやさしい甘みを感じながら、エスプレッソのガツンとしたパンチもしっかり味わえます。

花屋「イブー」で休日に彩りを

「Angolo CAFFE」と同じスペースにある花屋「hibou (イブー)」にも注目です。グリーンの草花が目立ったナチュラル系の花々は、眺めているだけで癒しに。

花束には料金設定はなく、予算に合わせて作っていただけます。花を贈る方、貰われた方に寄り添うようなお花を届けるべく、お客様へのヒアリングを大事にしているのだとか。

カフェでのんびり過ごした後はお花を手にとり、休日にさらなる彩りを加えてみてはいかがでしょうか。