京都文化博物館をはじめに、たくさんの近代建築と出会える京都・三条。最近では、新たな形の商業施設がオープンし、アバンギャルドな一面を持ち合わせた町でもあります。「TSUGU 京都三条」は、そんな伝統と革新が入り混じる土地に佇むシェアホテルです。

市営地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩5分の好立地で、市内や観光地へのアクセスも抜群。旅の拠点にピッタリの場所です。

登録有形文化財を一部有するリノベーションホテル

既存建物は、築105年の登録有形文化財を一部残した旧日本生命三条ビル。建物の魅力を残しながらリノベーションされているため、歴史的な趣きと、スタイリッシュさを併せ持っています。足を踏み入れると、大胆に光る金箔がお出迎え。目の前には大きなショーケースがあるなどTSUGU独自の空間に胸が高鳴ります。

たくさんのローカルとの縁をつなぐ場所

三条は、かつて全国各地のひと・ものが集い、新しい文化を生み出した場所でもあることから、ショーケースにはたくさんのローカルな商品が並びます。ショーケースの中の商品は定期的に変わるので、訪れるたびに全国のローカルショップとの出会いを楽しむこともできますよ。

ショーケースを抜けると隠れ家カフェが

ショーケースを通り抜けると、シックでおしゃれなカフェ「coffee and wine ushiro」が登場。朝は宿泊者を優先としたモーニングを提供し、京野菜や瀬戸内の野菜など食材にこだわりながら「シンプルでおいしく、からだがよろこぶ安全、安心なメニュー」が味わえると言います。

午後からは、コーヒー専門店へと変身。ushiroのコーヒーは、世界各地の上質な豆を仕入れ、それぞれの個性が引き立つように丁寧に焙煎されたものです。香り高いコーヒーとカヌレやタルトなどを合わせて自分好みのペアリングを楽しんでください。

ボーダーレスに楽しめる種類豊かな客室

客室は、2名〜6名まで泊まれる個室で、全49室11種類あります。登録文化財の建物内にあるお部屋や畳敷きのジャパニーズスタイルのお部屋、貸し切り利用もできるドミトリータイプのお部屋などバリエーション豊か。友人との旅行やひとり旅、どんなシーンにも寄り添ってくれます。

旅の醍醐味でもあるホテルで過ごす時間は、リラックスしながらもどこか非日常を味わいたいもの。そんな願いを実現してくれる客室ばかりです。

シンプルさの中にある繊細なこだわり

木とコンクリートを基調とした室内は、設計を手掛けた関 祐介さんによるこだわりが細部まで行き渡り、完璧を求める現代の中に、つくり込みすぎない美しさを感じさせてくれます。そのつくり込みすぎない美しさを際立てるのは、贅沢に入る自然光。光の入り方を手動で自由自在に調整できるのです。

館内には遊び心溢れる“しかけ”がたくさん

いくつかの扉にはカラーフィルターが使用されており、時間帯や角度によって色味や表情が変わります。また、客室に上がるエレベーター上には、映像がうつるモニターボールが。「ローカルへ旅を繋ぐ」というTSUGUのコンセプトをもとに、京都や瀬戸内などの土地で撮影された風景を映しています。足を運ぶ際には、館内にひそむユニークなしかけを見つけてみてください。

1階奥にはアパレルショップも

1階フロアには、瀬戸内・岡山を代表するデニムを中心としたアパレルブランド「Johnbull Private labo」のショップを併設。世界的にも注目されるデニムの産地・児島に拠点を置く老舗のデニムメーカーが運営しています。オリジナルデニムはもちろん、インポートものの商品を取り揃えられているため、ファッション感度の高いアイテムと出会うことができますよ。

「ただ泊まるのではなく、TSUGUで過ごす時間も楽しんでほしい」とスタッフの西村さん。その言葉通り、たくさんの付加価値を生み出しているホテルで新しい旅を体験してみてください。