全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は東京都の「たらふくもなか」をご紹介します。

招き猫が福と笑顔を引き寄せる「たらふくもなか」

お正月休みに、のんびりごろんと過ごしてついつい食べ過ぎちゃったような丸さがかわいい、「たらふくもなか」。招き猫という縁起のいいモチーフながら、ぽっちゃりという愛すべき姿に思わず笑みがこぼれます。

パリッとした皮は香ばしく、あんのしっとりした食感と良い対比。耳先からしっぽまでたっぷり詰まっているのはちょっと珍しい黄金色の粒あん。大きな粒がきれいにそろい、ホクホクとした口当たりとほどよい甘さを楽しめます。

昭和25年から続く和菓子舗の「看板猫」なお菓子

この最中を作っているのは墨田区・錦糸町にある「御菓子司 白樺」。「たらふくもなか」は形もオリジナルで、丸みのある体形やモジモジした脚など細部までこだわって誕生しました。裏側にあるしっぽでひそかに小判を抱えているのもポイントです。原材料はすべて国産の素材にこだわり、特にあんはその希少さから「白いダイヤ」といわれる北海道産の白小豆を使用。丁寧に炊き上げ、箱詰めまで一貫して手作業で行っています。

おいしく楽しいお茶の時間に、福を呼ぶ招き猫が素敵なことを運んできてくれるかもしれませんよ。