全国でも有数の湧出量や源泉数を誇る由布院温泉。由布岳などの大自然やレトロな雰囲気の通り、湖やいくつもの美術館など名所も豊富です。新鮮な野菜や肉など地元のグルメも豊富。観光と一緒に楽しみたいですね。今回はそんな由布院からランチにおすすめのお店を5つご紹介します。観光途中に立ち寄るのはもちろん、旅の目的のひとつにもどうぞ。

温泉旅館の食事処で贅沢ランチ♪「旬菜 鄙屋」

観光客で賑わうメインストリートから少し奥まったところにある旅館「山紫御泊処 はなの舞」。その食事処である「旬菜 鄙屋(ひなや)」は、まわりの自然も楽しみながら、落ち着いた空間でゆったり食事できるお店です。こちらでいただけるのは、和洋を組み合わせた懐石料理。

九州産黒毛和牛を使った「牛箱弁当」(写真)や、デザートもつくお膳など、契約農家から届く野菜や山菜、魚、肉など、海山・川の恵みが満載です。

100年の歴史を感じる名宿のカフェ「茶房 天井棧敷」

由布院でも指折りの老舗旅館「亀の井別荘」の喫茶室「茶房 天井棧敷(てんじょうさじき)」。江戸末期の造り酒屋を移築し、麹室だった屋根裏を改装した空間です。虜になる人も多いカツサンド(写真)や、オープン当初からある名物スイーツ、オリジナルブレンドのコーヒーなどを幻想的な空間で楽しめます。

同じ建物の1階は宿の特製食品や調味料、大分県や九州の名産品が並ぶ「西国土産 鍵屋」。お土産探しにもぴったりです。

お腹も心も大満足の贅沢ランチ♪「ゆふいん 山椒郎」

JR由布院駅から徒歩10分ほど、街中から少し離れながらも立ち寄りやすい場所にある「ゆふいん 山椒郎(さんしょうろう)」。落ち着いた空間で食材の美味しさを堪能できる和食のお店です。

宝石箱のような美しさに目を奪われるランチ限定の「合わせ箱」(写真)や豊後牛のステーキ、丼など、ちょっと贅沢したいときにぴったりのランチメニューもずらり。カウンター席もあるので、ひとり旅の途中にも気軽に訪れることができます。

高原の牧場で本格フレンチ♪「みるく村 レ・ビラージュ」

地元の旅館やレストランで腕を磨いたオーナーシェフが腕をふるう牧場のレストラン「みるく村 レ・ビラージュ」。塚原高原の自然や由布岳の眺めを楽しみながら本格フレンチをいただけます。

牧場ならではの新鮮な乳製品や県内産の野菜、豊後牛など、季節に合わせた地元のおいしさがぎっしりつまっています。上質な肉をじっくり5時間も煮込むという看板メニューの「ビーフシチュー」(写真)など、寒い季節にうれしい料理も揃います。

大分の味覚を極上のうどんとともに。「田舎庵」

観光スポット・金鱗湖からもJR由布院駅からもそれぞれ徒歩約10分の場所にある「田舎庵(いなかあん)」は、創業50年以上になる、うどんのお店。

国産の小麦粉に沖縄の天然塩を加えて手打ちしたうどんがいただけます。人気の「ごぼ天うどん」(写真)は、県内の名産地の大きなごぼうの天ぷらがのり、揚げたてサクサクの食感とだしにしみる旨味が絶品。他にも白ねぎや卵、野菜など県内から選りすぐった食材を味わえるメニューが揃います。

いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、おいしいランチを楽しめる由布院のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。