全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は山形県の「玉響」をご紹介します。

山形銘菓「のし梅」がチョコレートスイーツに

黒いシックな小箱には、金の細い飾り紐が品よく結ばれています。ふたを外してまず目に入る、梅模様のセロファンに思わずキュン。セロファンをめくると、煉瓦のタイルのようなカッティングが施された 、完熟梅を煮詰めて作る山形銘菓「のし梅」 が顔を出します。 ふわりと漂う梅の甘酸っぱい香りに誘われ取り出してみると、「のし梅」の下にはチョコレートが。「玉響(たまゆら)」は、山形名物の「のし梅」とチョコレートがマッチングしたスイーツなのです。

作ったのは山形の老舗「乃し梅本舗 佐藤屋」。1821(文政4)年の創業から伝統の製法で作る「のし梅」をはじめとして、和菓子を製造、販売しています。 「玉響」を生み出したのは八代目・佐藤 慎太郎さん。「のし梅」を現代の人が見直すきっかけになればと、洋菓子のオランジェットにヒントを得て作りました。

白餡を練り込んだ、やさしい口どけのチョコレート

「玉響」のチョコレートは、フォークがスッと通るほどやわらか。そのまま口に運ぶと、舌の上でとろけてカカオの濃厚な香りが口のなかに広がり、あとから「のし梅」の甘酸っぱさを感じられます。このスイーツのポイントは、チョコレートに白餡と寒天を練り込み、バターを使わないことです。これにより、生チョコレートのようなやさしい口当たりと、梅の酸味が生きるさっぱりとした後味に。コーヒーや紅茶のほか、梅が香るキレのいい味わいは日本酒との相性もピッタリです。

和菓子の「のし梅」と洋菓子のチョコレートを掛け合わせた、ハイブリッドな和洋菓子「玉響」。ティータイムや夜のおともなど、好みのシーンで味わってみて。