全国各地のおいしい・かわいいおやつを紹介する「毎日おやつ」。自宅でのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みを使った逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は京都府の「雪まろげ」をご紹介します。

雪玉を思わせる、口どけなめらかな干菓子「雪まろげ」

かわいらしい紅白の丸い玉が交互に並んだ「雪まろげ」は、純和三盆製の干菓子です。

口に入れると徐々になめらかに溶けだし、優しい甘みがじんわりと広がります。きめ細やかな和三盆ならではの柔らかな口あたり。抹茶と合わせてお茶席で使われることが多いそうですが、コーヒーや紅茶などのお茶請けとしてもよく合います。

大正時代の店構えを現代に伝える西陣の御菓子司

「雪まろげ」は、雪の小玉を転がしながらどんどん大きな塊にしていく、雪遊びを指す言葉。そのとおりの丸い形の見立てと、日本語の美しさを感じるネーミングです。

西陣の黒門通にある「塩芳軒(しおよしけん)」は、130年以上続く老舗の御菓子司。大正初期に完成した店舗は、京町家の情緒を墨色ののれんが引き締めたクールな店構え。京都市歴史的意匠建造物にも指定されている建物は、経年の美しさと丁寧な手入れが感じられます。京都旅行で訪れるのもおすすめですよ。