全国各地のおいしい・かわいいお菓子を紹介する「毎日おやつ」。おうちでのスイーツ時間が楽しくなるとっておきの甘味から、旅のおみやげにもぴったりなご当地の恵みが詰まった逸品まで、新しい発見にきっと出会えるはずです。今回は愛媛県の「一六タルト」をご紹介します。

お殿さま自ら考案した和菓子が由来「一六タルト」

愛媛県内で「タルト」といえば、洋菓子ではなく、あんこをカステラのような生地で巻いた和菓子のこと。銘菓としておみやげ屋さんで扱っていますが、スーパーマーケットにも並び、日常のおやつとして親しまれています。

「一六タルト」は、口に入れると柚子の爽やかな風味が広がり、緑茶だけでなくコーヒーとの相性も抜群です。

愛媛産の柚子などの素材からこだわった、店の看板菓子

「一六タルト」は、明治16年創業の「一六本舗」の店名を冠したタルト。皮を取った小豆と純度の高い白双糖(しろざらとう)を使ったこし餡に、香り高い愛媛県産の柚子を使用しています。生地にもバターや油を使わない伝統の製法で、両方が口当たり良くしっとり馴染むように仕上げています。

「一六本舗」は、県内で和洋菓子やみやげ菓子を製造・販売する菓子店。ご紹介した定番の「柚子」タルトのほかにも、桜葉を餡に練りこんだ「桜」や京都の茶舗・森半の抹茶を使用した「宇治抹茶」といった季節限定品も並びます。定番と食べ比べてみるのも楽しいですよ。