季節を問わず、何度でも訪れたい京都。6月6日に開業したばかりの「カンデオホテルズ京都烏丸六角」は、築125年の京町家をそのままラウンジに生かした滞在型ホテル。町家暮らしの気分と京文化を味わえるうえ、ゆったりくつろげる大浴場があることも特徴です。今度の旅では名所旧跡巡りとともに、地元の人の暮らしぶりが見える“普段着の京都”を体験してみませんか。

京都市登録有形文化財をそのまま生かしたホテル

京都駅から地下鉄で3駅の烏丸御池駅から徒歩3分。このあたりはビジネス街として知られる一方で、路地に入れば古い町家や商店が並ぶ場所。その一角に開業した「カンデオホテルズ京都烏丸六角」は、京町家の住人になった気分で過ごせる滞在型ホテルです。

古い街並みにしっくり馴染んだ格子戸の入り口を開けると、坪庭がある伝統的な京町家の風景が目の前に現れます。明治後期に建てられた建物は「伴家(ばんけ)住宅」と呼ばれ、京都市の登録有形文化財。その建物を改修したスペースが、レセプション棟になっています。

畳のラウンジでは、京文化を体験しながらくつろいで♪

坪庭を見渡せる応接間が、ラウンジスペース。襖に残るのは、京都出身で18世紀に活躍した文人画家・池大雅(いけの・たいが)の墨絵。博物館級の作品を間近で眺められる場所は、京都といえどそう多くはありません。

応接間の2階が、地元・京都のクラフトビールや、ワインもグラス1杯から楽しめるバー。ここは、お酒も軽食もセルフサービスというのがユニーク。おつまみ類やボトルビールは1階のデリで購入し、ワインはコイン式のサーバーからお好きなものをグラスに注いで飲むシステム。電子レンジを備えているから、レンチンもOK! まさに、自分のおうち感覚ですね。

表通りに面した2階には、24時間いつでも利用できるライブラリーがあります。京文化に関する書籍や写真集を自由に閲覧でき、コーヒーやお茶はセルフサービスで無料です。

一年中で京都が最も賑わう祇園祭の時期には、ホテル正面に組み立てられた山鉾(やまほこ)を臨むことも。畳の間で足を伸ばせるので、昼間、歩き疲れたときに立ち寄ってひと休みしたり、夜はお風呂上りにくつろぐのもいいですね。

最新設備を備えた客室はおひとり旅にぴったり!

レセプション棟の通り土間を抜けると、奥にあるのが新しく建てられた客室棟。和の空間から洋の建物へ、全く異なるイメージも楽しく、ワクワクしてきます。ツインルームとともに、おひとり旅に使い勝手がいい1ベッドの部屋が充実しているほか、ちょっと贅沢に過ごしたい人には、プライベートスパ付きのお部屋がおすすめです。

壺湯とサウナがあるスカイスパでリラックスタイム

ホテルでありながら、スパ(大浴場)を備えているのもこのホテルの特徴。名所旧跡を訪ねて昼間は歩き回ることが多い京都で、手足を伸ばして入れる大浴場の存在はとてもありがたいと思いませんか。女性用スパにはひとり用の壺湯とミストサウナがあり、客室から浴衣とスリッパのまま利用できるのもうれしい。

朝ごはんに、おばんざいを味わえるお弁当はいかが?

ビュッフェスタイルの朝食が多いなか、ここでは旬の食材を使い、地元の有名料理店が作るおばんざいの朝ごはんをお弁当スタイルで味わうことができます。

内容は、焼き魚と梅ちりめんご飯、ローストビーフとしそちりめんご飯、ローストポークと筍ご飯など3種類のメニューを日替わりで提供。数量限定なので、事前に予約してぜひ味わってみたいですね。

ラグジュアリーホテルからビジネスホテル、和風旅館までさまざまな宿泊施設がそろう京都。「カンデオホテルズ京都烏丸六角」は、古い町家の趣をそのまま生かした和の空間と、最新設備の洋の空間が融合した、新しいタイプのホテル。

京都の主要観光スポットに便利な場所にあり、周辺に地元商店や人気のパン屋があることも魅力です。いつもより長めの滞在プランを立てて暮らすように過ごすと、京都の旅がもっと楽しくなりますよ。