造り手のこだわりや想いが詰まった品々を日本各地から厳選してお届けする「ことりのお取り寄せ手帖」。自分へのごほうびに、特別な日の食卓を彩るメニューとして、旅するように各地方の味をおうちで楽しんでみませんか?。9月は「ごはんもの」がテーマ。究極の親子丼やおこわなど選りすぐりの逸品をご紹介します。今回は、古都・奈良県より、古くから伝わる伝統食を現代風にアレンジした手鞠寿司をご紹介。美しい見た目と味に思わず笑みがこぼれます。

目も舌も喜ぶ気品あふれる手鞠寿司

蓋を開けた瞬間、歓声が上がりそうなほど可愛くてあでやかな手鞠寿司。鰻や海老をのせたわさび葉寿しをはじめ、梅酢炙り鯖棒寿司、古代巻など10種15個がズラリと並びます。

一見聞き慣れないわさび葉寿しですが、昔、奈良の山里ではわさびの葉にごはんを包んで食べる習慣があったそう。そんな伝統食を「うめもり」が現代風にアレンジ、ひと口サイズの手鞠寿司に生まれ変わり、今では奈良の新名物として多くの人から支持されています。

ピリッとしたわさびの辛さが寿司の味わいを引き立てる

わさびの茎と葉を使い、ピリリとした辛みがアクセントのわさび葉寿しは全部で4種。香ばしく肉厚の鰻や脂がたっぷりとのったサーモンなど、厳選したネタとわさびの香りや食感との組み合わせを堪能してくださいね。

ほかにも、ほんのりあずき色が美しい古代米に奈良漬けを挟んだ「古代あなら寿し」や、「紅ずわいがに棒寿司」「鮭いくら錦糸巻」など目も舌も楽しませてくれる贅沢なラインナップ。

希少なお米を真昆布と備長炭と共に

しゃりはコシヒカリのルーツでもある「岡山あさひ」を使用。ほど良い甘みと歯ごたえ、冷めても本来の旨みが味わえるお米を、道南の真昆布、備長炭と共に炊きました。

お取り寄せを前提に作られた「あでやか手鞠わさび葉寿し」は冷凍便で送られてきます。細胞破壊が起こらないよう特殊技術により冷凍、電子レンジで解凍してからいただきます。その場で握られたかのように、口に入れるとシャリがほろりとくずれ、素材本来の旨みを存分に感じるネタにも感動。大切な人への贈り物に、ハレの日の華あるメニューとして、食卓に彩りを与えてくれる逸品です。