海外の農園から買い付けた生豆を自社焙煎するやなか珈琲店がプロデュースする「珈琲三十間 青山店」。ポットに2杯分あるコーヒーは香りがよくマイルドな味わいで、たっぷりの生クリームを添えた自家製シフォンケーキやザッハトルテとの相性が抜群、コーヒー専門店ならではおすすめスイーツとのペアリングが楽しめます。オシャレな街にある隠れ家のようなカフェで午後のひと時をゆったりと過ごしませんか。

ビルの2階に佇む隠れ家のようなカフェ

人通りの多い青山通り沿いのビルの2階にある「珈琲三十間 青山店」。重厚感のある石造りのビル1階の入り口には、温かみのある手書きのイラスト付きのメニュー表が出ていて入りやすい雰囲気です。階段を登るとその先に、道路から見えていた大きなアーチ形の窓が見えてきます。

心地のいいスタンドライトのやさしい明かり

特徴のあるアーチ型の窓辺の付近は日差しが入って明るく、お店の奥へと進むと所々に置かれたスタンドライトがほのかな光を放って、まるで隠れ家のような落ち着いた雰囲気。間仕切りにはコーヒー豆の生産地で使われるコーヒー缶が積まれ、どことなく異国のカフェにいるような感じもあり、ゆったりとした時間が流れます。

焙煎したての新鮮なコーヒー豆で淹れるスペシャリティーコーヒー

自慢のコーヒーは、やなか珈琲で焙煎した鮮度のいい豆を使います。ブラジルやグァテマラなど様々な国の農園から直接仕入れるスペシャリティーコーヒーが常時9種類ほどで、その中から毎日1種類本日のコーヒーがピックアップされます。選ぶのに迷ったときはスタッフに聞くと相談に乗ってくれますよ。

コーヒーのなめらかな味わいは、お湯を注いでから約30秒間の蒸らしの工程でよりマイルドになるのだそう。この蒸らし加減がコーヒーの味を左右するため、ベテランのスタッフが長年の経験をもとに目視でふくらみ切ったのを確認してから低温で抽出していきます。ポットに入ったコーヒーはカップに2杯分、温かいミルクか100%乳脂肪の生クリームが添えられます。
カップの横にはグリーンビーンズと呼ばれる焙煎する前の生豆を添えたしおりもつけられます。収穫した農園の紹介などが書いてあるので、コーヒー豆が育った国々に思いを巡らせてはいかがでしょうか。

たっぷりの生クリームを添えたスイーツとのペアリング

ふわふわのシフォンケーキやザッハトルテなどのスイーツには、口どけのいい生クリームがたっぷりと添えられます。スイーツと生クリーム、そしてコーヒーの三者三様それぞれの素材の持ち味と食感を活かしあうバランスのいい取り合わせで、こうしたスイーツはコーヒーとのペアリングを重視しながらパティシエが試行錯誤の末に作り出したのだとか。
落ち着いた雰囲気の中で、コーヒーと一緒にスイーツに生クリームをたっぷりつけていただく至福のひと時を過ごせますよ。

焙煎したてのコーヒー豆を使う贅沢ゼリー

お店のコーヒーを贅沢に使った「コーヒーゼリー」にもバニラアイスクリームと一緒に生クリームがたっぷり。コーヒー豆の芳ばしさをなめらかな生クリームと味わえ、自然な甘みの黒糖シロップをかけるとさらに奥深い味わいになって最後まで美味しくいただけます。
カフェではこだわりのコーヒーのほかに「セイロンティー」(880円)や「白桃ジュース」(840円)も用意しているので、ぜひスイーツと一緒に味わってくださいね。