名古屋から電車で30分ほどの場所にある愛知県犬山市。日本最古の木造天守が現存する国宝・犬山城があり、お城へと続く通り沿いはカフェや食事処、食べ歩きグルメなど、いろいろなお店が近年続々とオープンしています。その中から昨年オープンしたばかりのニュースポットを4つご紹介。散策の途中にぜひ立ち寄ってみて下さいね。

犬山を体験できるプランも「ホテルミュースタイル犬山エクスペリエンス」

まずご紹介するのは、2021年春に犬山駅前に新しく開業したホテル「ホテルミュースタイル犬山エクスペリエンス」。駅西口すぐという便利なロケーションにあり、非接触でチェックインができたり、お風呂やレストランの混雑状況が表示されたりと最新の設備が整っているほか、観光客がうれしいさまざまなサービスやプランを用意しているホテルです。

ホテル内では犬山を体験することができるアクティビティも開催していて、犬山焼の絵付け体験や、地元の和菓子店の店主が指導してくれる和菓子作り体験などを楽しむことも。予約すればホテルの宿泊客でなくても利用できるなど、犬山の魅力を発信する地域体験型ホテルとしても注目を集めています。

アフタヌーンティーセットに注目「FARMERS GARDEN Cafe オムレット」

「ホテルミュースタイル犬山エクスペリエンス」のテナントとしてホテルと同時オープンしたのが、ヘルシーなデリランチやスイーツが楽しめる「FARMERS GARDEN Cafe オムレット」。

さらにフォトジェニックと話題を集めているのが「アフタヌーンティーセット」。鳥籠をモチーフにしたかわいいプレートにひと口サイズのスイーツが盛り付けられていて、季節により内容がいろいろ変わっていきます。前日までの予約制なので、ぜひオーダーしてみてくださいね。

しっとり甘い焼き芋などサツマイモのスイーツ専門店「芋カフェえん」

犬山城へと続く本町通り沿いに2021年夏にオープンしたのが、サツマイモ専門店「芋カフェえん」。紅はるかなどしっとりと甘い品種を中心に、じっくり焼き上げたサツマイモを城下町散策のお供にしてもらえたらと、さまざまな食べ歩きスイーツとして販売しています。店内でイートインすることも可能で、古い町屋の民家を改装したお店は土間や柱、建具など、残っていたものをそのまま生かした、ほっと落ち着く空間です。

ほかにも焼き芋を丸ごとカットしてカスタードをのせ、表面に赤糖をまぶして焼き上げた「焼き芋ブリュレ」やサツマイモのクッキーやチップスなどお芋を使ったお菓子をのせて仕上げた「焼き芋パフェ」などがあり、こっくり濃厚な舌触りのお芋を堪能できます。焼き芋をモンブランのように仕立てた「さつまいもモンブラン」は、中にカットした焼き芋やさくさくのメレンゲ、ふわふわのクリームがたっぷり入っていて、大満足の一品ですよ。

犬山の町を眺められるカフェ「1st TERRACE INUYAMA」

2021年10月に犬山城すぐの場所にオープンした「ファーストテラス犬山」は、街の景色を感じながらスイーツやドリンクが楽しめるカフェ。お店を入るとウッドデッキのテラス席や竹やぶを見渡しながら飲食を楽しめるエリアがあり、窓も大きくとられ開放的な空間が広がっています。

お店の名物は新鮮なフルーツをたっぷり使ったワッフルやパフェ。マンゴー、パイナップルのほか季節限定のイチゴなど、さまざまなフルーツと焼き立てのワッフルの組み合わせはもちろん相性抜群。山の上に築かれた犬山城をイメージした「犬山パフェ」など、楽しいスイーツを楽しんでみてください。

いかがでしたか。今回紹介したのは駅を降りてから犬山城へと歩く道すがらにあるお店ばかり。さらに2022年春には新しいホテルが開業するなど、これからも新スポットが登場する犬山。名古屋からのアクセスも便利なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。