「那須高原HERB’s」は、那須高原の中腹に広がる農園で各種ハーブを自然栽培し、加工・販売まで行っているハーブ専門店です。店内では、アロマオイルやハーブティーなどのお買い物はもちろん、ハーブ園を見渡すカフェでオリジナルブレンドのハーブティーを味わったり、自家栽培のハーブを使った手作り体験も楽しめます。

那須高原でさまざまな種類のハーブを栽培

那須インターチェンジから車で20分ほど。緑の中に映える南欧風の瓦屋根の建物がハーブ専門店「那須高原HERB's」です。

建物の周囲に広がる5000坪もの広大な敷地には、雑木林に隣接してハーブ園があり、ここで年間約50種類のハーブが自家栽培されています。

ハーブを栽培しているのは、オーナーである浜津さんご夫婦。畑で試行錯誤を重ねた結果、10数年前から自然農法に切り替えたのだそう。

農薬を一切使わず、雑草も取らず、肥料も与えないという自然農法で育てたハーブは、以前ものと比べて香り高く、色も鮮やかで力強いと言います。

自分に合ったオリジナルハーブティーをブレンド

無垢材をふんだんに使った店内には、ハーブ関連の製品やアロマ・ボディケア製品がずらり。店内に漂うさわやかなハーブの香りに癒されながらお買い物が楽しめます。オリジナルブレンドのハーブティーやハーブソルトなど、ここでしか買えないものもあり、那須高原のおみやげとして購入する観光客も多いのだとか。

棚に並ぶ種類豊富なハーブティーは、自家農園のハーブに加えて海外産も。ハーブの特徴を熟知したオーナー夫妻が、おいしさと効能を考慮してブレンドしています。

また、各種ハーブの計り売りもあり、好みの味や「リフレッシュしたい」「リラックスしたい」といった目的を伝えれば、その場で自分だけのオリジナルハーブティーを配合してもらうこともできますよ。

ハーブ園を見渡すカフェ

ショップの奥にはハーブ園に面したカフェスペースがあり、自家農園で作られたブレンドハーブティーやスコーンなどを味わうことできます。

窓の外に広がる雑木林やハーブ園を眺めながらのティータイムは格別。ここでお茶を飲むのを楽しみに、遠方から訪れるリピーターもいるそうです。

ハーブティーは、ほんのり甘い「フルーツブレンド」やラベンダーやローズが入った「リラックスブレンド」がポピュラー。ブレンドではなく「カモミール」「レモングラス」など、1種類のハーブを味わう自家農園産シングルハーブティーも選べます。

ジャムと発酵バターを添えた手作りスコーンは、プレーンと季節のハーブを練り込んだものの2種類。「おばあちゃんが孫に作るスコーンをイメージした」というスコーンは、やさしくて素朴な味わいです。

アロマを調香して、自分だけのアロマミスト作り

こちらでは、ハーブを使った各種体験教室も行っています。教室によって異なりますが、所要時間は40分〜1時間。手ぶらで気軽に参加することできます。

人気の「アロマミスト作り」はシトロネラやローズマリー、ラベンダーなど、用意された10種類のエッセンシャルオイルの中から数種類を選んで好みの香りに調香し、精製水などを加えてアロマミストを作ります。

エッセンシャルオイルは、蒸留や圧搾などの方法で抽出されたハーブの原液のこと。なんと、1kgのハーブから1mlしか抽出できないのだそうです。ティーツリーなど殺菌効果のあるエッセンシャルオイルを選べば、マスクスプレーやアウトドアでの虫よけにも使えそうですね。

他にも、バスソルトや保湿クリーム、ボディオイルやハンドジェルなどを作ることができます。ハーブの花が咲き誇るこれからの季節は、ハーブ園見学(要予約)も楽しそう。自然栽培でのガーデニングの秘訣について話を聞くことができますよ。

ハーブの香りに癒されながらカフェやショッピングを楽しんだり、ハーブの知識も身に付けることができる「那須高原HERB's」は那須の人気スポット。旅の合間にぜひ立ち寄ってみてくださいね。