パンケーキやかき氷の名店が多い銀座でも、有名な店のひとつが「Parlor Vinefru 銀座(パーラービネフルギンザ)」です。2019年にオープンしてからまだ3年あまりですが、平日でもひっきりなしにお客さんがやってくる大人気の店。フルーツビネガーをはじめ、ブルーチーズやスパイス、エスプーマ(食材をムースのような泡にする技法)など、独自の食材や調理法を用いたここでしか味わえない一品を試してみて。

トマトビルの3階にある隠れ家的な店

Parlor Vinefru 銀座があるのは銀座一丁目駅、東銀座駅、新富町駅、宝町駅の各地下鉄駅からそれぞれ徒歩5分程度の場所。黒壁の建物に描かれた赤いトマトが印象的な、トマトビルの3階です。木の階段を昇り詰めると、窓の代わりにビニールカーテンがかかった、明るく開放的なお店が迎えてくれます。

ここは、和食の修行をしたオーナーさんがスイーツに興味をもち、独立してオープンしたという店です。メニューの中心はかき氷とパンケーキ、そして自家製フルーツビネガーのドリンク。なかでもかき氷とパンケーキは日々研究を重ね、毎月2〜3種類の新商品を開発・提供し続けているとのこと。オリジナリティあふれる一皿を目的に、小ぢんまりした店内には入れ替わり立ち替わりお客さんがやってきます。

とろりと氷を包む求肥が絶品の新感覚かき氷

Parlor Vinefru 銀座では1年を通じてかき氷を楽しめます。氷の中にもシロップや具材をたっぷり入れてあり、最後まで飽きずに味の変化を楽しめるのが特徴。大人気の「求肥ときな粉のかき氷」(1540円)は、とろりとした求肥と、店で独自にブレンドしたきな粉をたっぷりかけたかき氷。スプーンですくうと、もちもちの求肥が氷をくるむので、冷たさをダイレクトに感じずに楽しめます。

氷の中には求肥、小豆、黒豆、黒ゴマクッキーが入っていて、香ばしいゴマやねっとり食感の黒豆による味の変化がとても楽しい一品。追い黒蜜と抹茶ソースも添えられているのがうれしいです。

とろけるしゅわしゅわのパンケーキ

パンケーキもかき氷に負けず人気のメニュー。同じ味をパンケーキとかき氷の両方で提供しているものもあり、どちらにしようか悩んでしまいます。「苺とピスタチオパイのパンケーキ」(1760円)も、かき氷でも味わえるメニューのひとつです。

じっくり焼き上げた軽くふわふわのパンケーキに生クリームやハーブをのせ、イラン産の生ピスタチオを使った濃厚なソースをかけた一品。自家製のサクサクしたパイや、ローストしたアーモンドの食感、いちごのマリネのフレッシュな酸味との取り合わせがとっても美味。別添えのいちごソースをかければいちご感がアップします。

甘いパンケーキのほか、食事系の「カルボナーラパンケーキ」(1540円)もあるので、甘いものが苦手な人と訪れても楽しめそうです。

自家製の無添加フルーツビネガーでおいしく健康に

農家直送の果物を発酵させたフルーツビネガーも、おいしいと評判のメニューです。レモンやキウイなど10種類ほどあり、各550〜660円。パンケーキまたはかき氷といっしょに注文すると100円引きになります。炭酸水やお湯、牛乳、豆乳、焼酎、水素水から選んで割り、好みの味にすることが可能。ダイエットや疲労回復、血行促進効果があり、冷え性やむくみ改善に役立つとのこと。パンケーキが焼けるのを待つ間などにおすすめです。

店で提供しているかき氷やパンケーキは季節限定品も多く、常にあるとは限りません。訪れる際には、事前にSNSなどでどんなメニューがあるかチェックしておくといいでしょう。
かき氷好き、パンケーキ好きにとってのパラダイスのような「Parlor Vinefru 銀座」。一度は訪れてみたい名店です。