烏丸四条の南東にある、町家や古民家が建ち並ぶ一角。町家のトンネル路地の奥に「世界倉庫(せかいそうこ)」があります。トンネル路地とは、町家の玄関横に、その裏へとつながる路地があり、その上に建物が付いている路地のことです。

トンネル路地を通り奥へと入ると、もともと倉庫だった1棟と離れを改装したコーヒースタンドが。カウンター席でゆっくりいただけるのはもちろん、開放感あるテーブル席や天気が良ければ外のスタンディングでと、好きな場所でコーヒーやスイーツを楽しむことができます。

店名が書かれた小さな紺色の暖簾が目印

地下鉄四条駅から徒歩7分ほど。富小路通りと仏光寺通りの交差点を南へ下がった東側にある「世界倉庫」は、京都の木屋町あり音楽好きに知られているクラブ「WORLD KYOTO」の姉妹店としてオープンしました。クラブ「WORLD KYOTO」の1階にあるCOFFEE&COCKTAIL STAND「POP」で行ってきたコーヒーイベントが人気で、昼帯のお店を作りたいという思いから生まれたお店です。「世界倉庫」の店長が抱いていた「もっとおいしい本格派のコーヒーを気軽に楽しんでいただきたい」という願いがカタチになりました。

店舗の入り口は、シルバーカラーのまるで大型冷蔵倉庫みたいなドア。もともと食料倉庫として使用されていた名残りを感じさせます。そこから中に入ると、センスの良い8名掛けの大きなテーブルの空間が広がります。

まずは、カウンター席の左端にあるコーヒードリップコーナーで、メニューをオーダーします。あとは、先ほどのテーブル席、または晴れていればエントランスでも、ゆっくりカフェタイムを楽しむことができますよ。

イベントなどをしながら修業した店長による一杯

クラブ「WORLD KYOTO」の1階で開催してきたコーヒーイベントでは、例えば「TRAVELING COFFEE」などを立ち上げたコーヒーの達人や、コーヒーの老舗名店で腕を鳴らし今や人気バリスタとして知られる方など、錚々たるメンバーが登場。その手ほどきを受けて修業をしてきたのが「世界倉庫」の店長です。
「このお店ではハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れています」と話し、これからは自家焙煎にも挑戦しておいしいコーヒーを追求すると意気込みを語ります。

オリジナルのハウスブレンドは、京都の人が好んできたダーク(深煎り)と、誰でも飲みやすいミディアム(中煎り)の2種類を用意。そのほかにも、産地にこだわるスペシャルティコーヒーを1種以上置いて、マニアの方にも味わってほしいコーヒーをと考えています。

また、イタリア・トリノの老舗カフェ「ピチェリン」の看板ドリンクに感動したという店長が自らメニューにした、ウィンナーコーヒーにチョコレートをプラスしたような、ビターで濃厚なチョコレートコーヒーもありますよ。

コーヒーを中心に、スイーツも季節に合ったものを用意

コーヒーが主役と考えるお店ではありますが、スイーツメニューとして、パフェとチョコレートサンドといった焼き菓子もあります。

人気のパフェは、旬の果物などを使った「季節のミニパフェ」。桜の花咲く春は、フレッシュ苺ソースや桜のゼリー、スフレチーズケーキなどをグラスに入れた小さなパフェでした。ビターチョコレートクリームやクルミ入りパウンドケーキ、自家製オレンジピールなどをグラスに入れたチョコレートパフェも人気だそうです。


喧騒から少し離れた街なかの住宅街。京都ならではのトンネル路地奥にある本格派のコーヒースタンドは、カフェとして水曜から日曜まで営業し、日曜は2階でさまざまなイベントも開催する楽しい空間なので、週末訪れる時はSNSをチェックして行くのもおすすめです。