仙台駅から歩いて5分ほどの場所にある「Patisserie & Cafe MythiQue(パティスリーアンドカフェミティーク)」では、パティシエが手がける繊細なスイーツを自家焙煎コーヒーとともに味わえます。なかでも、“飲むケーキ”がコンセプトの「アートスムージー」は、見て・食べて楽しいメニューとして話題。食材も地元産を取り入れていて、仙台旅のひと休みに味わうのにおすすめです。ほかにも、宝石のように輝くケーキや仙台グルメをふんだんに取り入れたスパゲティなど気になるメニューをご紹介します!

パティシエが作る本格ケーキが自慢のカフェ

地下鉄広瀬通駅から歩いて2分、または仙台駅から歩いて5分ほどのビルに入る「Patisserie & Cafe MythiQue」。仙台市宮町に本店のあるパティスリーカフェで、ベテランのパティシエが作る繊細で美しいケーキを味わえます。

階段を3階までのぼり扉を開けると、大きな窓から日が差す明るい空間が広がります。「世界旅行をしているような非日常を感じてほしい」という思いから、席によって、北欧・イギリス・イタリアをイメージさせるようなソファーやイスを設置。訪れたときの気分によって席を選ぶことができます。

360度どこからみてもキュートなスムージー

カフェの顔ともいえるメニューが“飲むケーキ”がコンセプトの「アートスムージー」。種類はいちご、ブルーベリーなど定番が4種類に季節限定の味が加わります。器に張り付けられたフルーツの果肉やカラフル盛りつけなど見た目にもこだわり、SNSやメディアで話題。小さなターンテーブルに乗せて提供するユニークな演出もあります。

宮城県産のイチゴがたっぷり入った「アートスムージー いちご」は、店の一番人気。イチゴが入ったフレッシュなスムージーの上に、スポンジ生地、パンナコッタ、生クリームが重なるように入っています。

太めのストローで吸い込むと、スムージーとスポンジ、生クリーム、パンナコッタが一度に味わえ、まさにケーキを食べているかのよう。あと味がすっきりするのは、アクセントに入れたミント。イチゴの甘酸っぱさもあって、清涼感たっぷりのドリンクに仕上げています。

「アートスムージー ずんだ」は地元で採れる茶豆と仙台の郷土料理・ずんだのペーストが入っています。表面にも茶豆の粒をトッピング。ずんだの薄いグリーンとイチゴの赤のコントラストがきれいですよ。

真っ赤にきらめくいちじくのケーキ

キラキラと輝く宝石のようなケーキ「VICCA ヴィッカ 〜イチジクの宮殿〜」は、宮城県産いちじくをベルギー産高級チョコレートのムースで包んだ一品。いちじくのほかにも細かくカットしたオレンジピール、いちご、ピスタチオなどのドライフルーツがバランス良く入っています。

巻貝のようにらせんを描くデザインとルビーのように艶やかな赤は、フォークを入れるのをためらうほどの美しさ。思わず歓声が上がるほど華やかなケーキは、手みやげにもぴったりですよ。

ケーキと一緒に味わいたいのが、自家焙煎コーヒー。店のおすすめは、サイフォンで淹れる「ゲイシャ」です。「ゲイシャ」は生産量が少ない希少な豆として知られる高級なコーヒー。ジャスミンのようなフローラルな香りが特徴で、柑橘系の爽やかな酸味も感じられます。

仙台づくしのユニークなナポリタン

ランチには仙台らしさ満載の「仙台ナポリタン」をどうぞ。ナポリタンのソースには仙台味噌、具材には地元で採れるセリ、皿の周囲に飾られるのは笹かまぼこと、仙台のおいしさが一皿にギュッと集まっています。

一度は食べたい魅力的なメニューがそろう「Patisserie & Cafe MythiQue」。仙台に足を運んだらぜひ訪れてみてください。