表参道の交差点近く、ビルの間の路地にひっそりと佇む「allée -アレ-」は、2022年1月にオープンしたカフェ。バターやはちみつ、ミルクなど、素材の味を大切にしたお菓子をスペシャルティコーヒーと一緒に楽しむことができます。都会の喧騒を離れた落ち着いた空間で、自分だけの特別なカフェ時間を過ごしてみませんか。

表参道の路地にオープンしたカフェ

東京メトロ・表参道駅から徒歩2分。表参道の青山通りから一本入った路地にある「allée -アレ-」は、クレープやバスクチーズケーキなど、ずっと愛されるカフェの定番お菓子をちょっと上質に、大人の空間で楽しめるカフェ。お菓子に使用する素材は、生産者のこだわりを大切にした特別なものを仕入れており、店舗でひとつひとつ丁寧に作っています。

「焼色」をコンセプトにした店内は、トーンダウンした黄金色の照明にウォルナットカラーの壁、サンドカラーのソファが設置された暖かみのある落ち着いた雰囲気。香ばしい焼色が魅力の焼菓子を彷彿させる空間で、スイーツやコーヒーの味や香りを楽しみながらゆっくりと過ごすことができます。

燻製の香りが漂うバスクチーズケーキ

そんなこだわりの空間でいただけるのが「燻製はちみつのバスクチーズケーキ」。素材は、天然のはちみつをじっくりと燻し、燻製の香りをプラスした千葉県にあるONE DROP FARM(ワンドロップファーム)の燻製はちみつと、栃木県にあるひのき山農場の平飼い有精卵を使用。

生地はクリーミーでとろけるような口当たり。ひと口目からほのかな燻製の香りが鼻を抜けていき、チーズのコクのある味わいとともに、食べた後も香りの余韻が楽しめます。

生地本来の味をシンプルに味わえるクレープ

「クレープ(シュガーバター)」は、じっくりと手作りで仕上げられた八丈島ジャージーバターと平飼い有精卵を使用し、蕎麦粉をブレンドして香ばしく焼き上げています。サイズは、シンプルな素材の良さをしっかりと味わってほしいことからひとまわり大きめ。注文後に一枚ずつ丁寧に焼き上げるので、しっとりと柔らかくもっちりとした食感を味わうことができます。追加料金200円でバニラアイスのトッピングをすることも。濃厚なバターを溶かしながら出来立てを召し上がれ。

シルバートンで淹れるコーヒー

お菓子にはぜひ、シルバートンで淹れた「ドリップコーヒー」を飲んでみて。シルバートンは、粗挽きのコーヒーをお湯に浸漬させ、その後ペーパーフィルターで濾過させるシンプルな抽出方法。コーヒーをお湯に浸漬させることにより、酸味と甘味をしっかりと引き出し、ペーパーフィルターで濾過させることにより、雑味のないすっきりとした味わいを体験することができます。

お菓子はテイクアウトも

お菓子は他にも、注文後にカスタードを入れるシュークリームや旬のフルーツを贅沢に使用した季節のタルトなどが揃い、ショーケース内のお菓子はテイクアウトをすることができます。自宅でもお店の味を楽しんでみて。

シンプルだからこそ、素材の味をしっかりと楽しめる「allée -アレ-」のお菓子で、いつもより特別な大人のカフェ時間を過ごしてみてくださいね。