近ごろ都心で増えているのが“暮らすように過ごせる”キッチン付きのホテル。その先駆けともいえる「フレイザースイート赤坂東京」は、キッチンと洗濯乾燥機のランドリー設備を備えた、アパートメント・タイプのラグジュアリーホテルです。都心・赤坂の住人になった気分で過ごしてみませんか。

都心の高級マンションのような佇まい

地下鉄・赤坂駅から徒歩7〜8分。地名のとおり坂が多いこの界隈は、ビジネス街・繁華街でありながら、大通りから1本路地に入るだけで公園や由緒ある寺院などが点在します。

キッチン&ランドリーのある部屋でわが家のようにくつろいで

224ある客室は、キッチン付きのスタジオタイプ、フルキッチンとダイニイングテーブル、ウォークインクロゼットを備えた1ベッドルーム、ワーケーションに便利なデスクがあるデラックスルームなど全部で5タイプ。おすすめは、ダイニングスペースと寝室が別々になった1ベッドルームです。

キッチンには大型冷蔵庫と電子レンジ、調理用具と食器が備えられているから、近くのスーパーで食材を購入してチェックインすれば、自分の家と同じように過ごせます。また、併設のレストランからルームサービスを利用したり、デリバリーもOK。想像以上に便利なのが、室内のランドリー設備。夜、ベッドに入る前に任せておけば帰宅後、たまった洗濯ものに追われることはありません。

リフレッシュタイムに何して過ごす?

身体を動かしたくなった時に利用したいのが、最新マシンを備え、24時間利用できるフィットネスジム。ゴルフに興味があるなら、世界49の名門コースから選んでプレイできるゴルフシミュレーターはいかがでしょう。“都心でコースデビュー”なんて、カッコいいと思いませんか。
日ごろの疲れを癒すリラクゼーションタイムを過ごしたい人は、マッサージチェアを備えたリトリートルームへ。お一人用のサウナもあり、どれも無料で利用できるから、ぜひ利用してみてください。

お腹いっぱい食べてもヘルシーな「医食同源膳」の朝食

ホテルの1階にあるメインダイニングが、「MOSS CROSS TOKYO(モスクロストーキョー)」。シェフ自ら日本各地の生産者を訪れて仕入れた食材や、契約農家で収穫した野菜を使い、“旅”をテーマにフレンチの技を取り入れた料理を提供しています。

朝食のコンセプトは、“ヘルシー”“エナジー”“癒し”“腸活”の4つ。日本の食材に世界のハーブやスパイスを組み合わせ、薬膳と発酵食の技法を取り入れることで、食材の相乗効果を高めているのだとか。野菜を中心に、便秘解消や美肌効果を期待できる食材と調味料をたっぷり使っているので、お腹いっぱい食べても罪悪感がありません。

都心で贅沢ステイを楽しむチャンス

ホテルの最寄り駅は地下鉄・赤坂駅ですが、赤坂見附駅、青山一丁目駅からも徒歩で8〜10分ほど。都内観光が目的の滞在はもちろん、週末のリフレッシュや平日のワーケーション、近くの劇場やホールでお芝居やコンサートを楽しんだ後の宿泊もおすすめ。都心の高級アパートメントを一度体験したら、帰りたくなくなってしまいます。女子会はもちろん、カップルや家族での記念日の滞在など、さまざまな用途でリピートする人が多いというのも納得です。