人気フレンチレストランの離れにある「café yusan(カフェユサン)」。2021年にオープンしたこちらでは、パウンドケーキやトーストなどの軽食を楽しむことができ、食料品や雑貨、作家の作品などの販売も行っています。蔵をリノベーションした趣のある空間で、ほっこりリラックスしませんか。

趣のある蔵がすてきなカフェに

JR甲斐大泉駅から南東へ車を走らせること約10分。多くの車が行き交う国道141号から一本奥に入った先に「café yusan」はあります。こちらは、地元の食材を使ったフレンチが味わえるフレンチレストラン「Terroir 愛と胃袋」の離れにある小さなカフェで、「Terroir 愛と胃袋」の女将・石田さんが、お散歩のお供やピクニックでも楽しめるメニューを提供するお店を作りたいと2021年5月にオープンしました。

店名の「café yusan」は、ピクニックをイメージさせる、“気晴らしに遊びに出かける、野山で遊ぶこと”を意味する「遊山」の読みが「ユサン」だったことから、女将・石田さんが名付けたそう。

木の温もりを感じるおしゃれな店内

暖簾をくぐり店へ入ると、学校の机やアンティーク家具が配された趣のある空間が広がっています。店内には、オーガニックフードや雑貨、八ヶ岳在住の作家の作品など、暮らしを豊かにしてくれるようなアイテムが20種以上ラインナップされています。気になるアイテムとの出合いがあるかもしれません。

一番人気はしっとり食感のパウンドケーキ

パウンドケーキにクッキー、トーストにホットサンドの4種のメニューを提供するお店の一番人気は、果物や野菜の皮などを使用したパウンドケーキです。内容は週替わりなので、訪れるたびに違った味わいを楽しむことができます。

この日のパウンドケーキにはオレンジピールが入っており、素朴な味わいの中にオレンジの爽やかな風味を感じる、しっとりとした食感の一品です。
なくなり次第終了のため、確実に味わいたい人は早めに訪れるのがおすすめです。

パウンドケーキの内容は公式Instagramでお知らせされるので、訪れる際にはチェックしてみてくださいね。

コーヒーは中煎りブレンドと深煎りブレンドの2種を提供しており、オーダー後に手回しの小型コーヒーミルで豆を挽いてから一杯ずつハンドドリップしてくれます。挽きたての一杯を味わいましょう。

素材を楽しめる軽食もおすすめ

こちらは、粗塩と発酵バターで味付けをし、網焼き機でじっくりと焼き上げた「塩と発酵バターの網焼きトースト」です。使用する食材は北杜市にあるパン屋「ぶーこっこ」の米粉食パンと粗塩、発酵バターとシンプルで、素材のおいしさをしっかりと感じることができる、外はサクサク、中はふわふわの一品です。

こちらは、エノキ・しいたけ・ヒラタケ・キクラゲの4種のキノコを醤油漬けにした具材を、のりとチーズと共に切れ目を入れたトーストに挟んだ一品。サクサクのトーストとトロトロのチーズ、キノコのコリコリとした食感が楽しい、和を感じるどこか懐かしい味わいです。

イートインメニュー以外に、魔法瓶に入ったコーヒーやビスケット、カップやテーブルクロスをカゴに入れた「ピクニックセット」1320円(1人/2時間)もあるので、こちらを注文し、店を南に下った場所にある棚田の芝生でピクニックを楽しむのもおすすめです♪

ゆったりとゆるやかな時間が流れる「café yusan」で軽食やコーヒーを味わいながら、リラックスタイムを過ごしませんか。