卵やチーズなどこだわりの素材を使って焼くバウムクーヘンの専門店「マイスターベース」が武蔵小杉にオープンしました。併設するカフェでは、バウムクーヘンに季節のフルーツと生クリームをまとわせたオリジナルのバウムケーキを楽しめます。おいしさに、かわいいビジュアルもプラスしたスイーツをサイフォンで淹れるコーヒーと共に味わってみませんか?

歩道からも工房がよく見えるガラス張りのお店

武蔵小杉駅から徒歩7分ほどのエリアにたたずむバウムクーヘンの専門店「マイスターベース」。ガラス張りのスタイリッシュなお店は、職人が生地を丁寧に掛けながらバウムクーヘンを焼く工房の様子がよく見え、お店の前の大きなオブジェが目印です。

高級食材を贅沢に使って焼きあげるバウムクーヘン

看板商品はこだわりの素材を使って焼く「スフレスタンダード」です。生地を何層も重ねて焼くバウムクーヘンはシンプルなだけに、素材の良さがおいしさに直接つながるのだそう。日本各地のトップシェフから注目されている茨木県の奥慈恵卵、フランス産イズニー発酵バター、北海道産の小麦粉と生クリームなど厳選した素材で生地を作り、約400度もの高温で焼くことでスフレケーキのようなふわふわとした食感に。その後、一日寝かせてしっとりさせてからお店に並べます。こうすることでふわっとしながらもしっとりとしたバウムクーヘンができあがります。

チーズの美味しさを味わうには「ベイクドカマンベール&チェダー」がおすすめです。こちらは厳選素材の生地を低温で時間をかけてじっくりと焼いたバウムクーヘンで、仕上げにカマンベールとチェダーチーズのパウダーをふりかけ風味豊かで、サクッとした食感も特徴的。

このほか「スフレスタンダード」のミニサイズや星型パッケージのかわいい「WARESEN」、「バウムラスク」などお土産にも最適なラインナップが揃うほかショーケースにはバウムクーヘンを使ったスイーツ、バウムケーキも並びます。

サイフォンで淹れるスペシャルティコーヒー

素材のこだわりはスペシャルティコーヒーにも。エチオピア産やメキシコ産などのシングルオリジンをはじめとして、浅煎りや深煎りのブレンドなどバウムクーヘンによくあう6種類ほどを用意し、専門店並の品ぞろえ。バリスタがオーダーごとにサイフォンで淹れていきます。

カウンター横のイートイン席でゆっくりバウムケーキと一緒に味わうほか、ドリンクのテイクアウトにも対応しています。

ナイフを入れる瞬間が楽しい定番のバウムケーキ

スフレスタンダードのバウムクーヘンは生クリームやカスタードクリームとも相性がよく、バウムケーキとしてショーケースに並びます。定番の「ティラミス」と「クリームブリュレ」に加えて季節のフルーツを使ったバウムケーキがカラフルに彩ります。

表面をキャラメリゼした「クリームブリュレ」は、バウムクーヘンの空洞の部分にカスタードクリームがたっぷり入っていて、中を開けるとトロリとしたカスタードクリームがいっせいに流れ出てきます。ふんわりとしたスフレスタンダードと表面のパリパリ感、なめらかなカスタードクリーム、それぞれの食感を楽しんで。

季節が入れ替わりが楽しみになる旬のフルーツ

季節のフルーツを使ったバウムケーキは、取材時はイチゴと茨城県産の高級品種イバラキングを使ったメロンでした。
通常のスフレスタンダードは19層の生地を重ねて焼き、「ストロベリーショートケーキ」は14層、「メロン」は8層と種類によって厚さを変えバウムクーヘンの中心部にクリームをたくさんしぼります。「ストロベリーショートケーキ」は北海道産の生クリーム、「メロン」には生クリームとカスタードクリームの2種類をそれぞれたっぷり。どちらもふんわりとしたスフレスタンダードの生地によくあい、カフェオレや京都宇治産の抹茶を使ったラテなどと一緒に楽しめます。
お気に入りのバウムケーキを選んでのんびりと味わってくださいね。