神楽坂にある「本多横丁」は、飲食店を中心に50軒以上の店舗が軒を連ね、老舗呉服店や料亭も並ぶ由緒ある通りです。そんな立地にありながら、上品な料理を気軽に楽しめると人気なのが和食ダイニング「花かぐら」。女性に好評の華やかなお弁当と和モダンな雰囲気の店内で、大人なランチを楽しめます。

隠れ家のような店内には、ところどころに和の装い

JR飯田橋駅から徒歩6分、メインの神楽坂通りの坂を上り、右へ折れて本多横丁へ入ったところに古民家風の店「花かぐら」はあります。店の正面にはモミジやツゲの木が植えられ、建物に絡まるツタが和の装いを見せています。

引き戸を開け、靴を脱いで中へ入ると、店内は間接照明に照らされてほんのり暗く、大人の隠れ家のような雰囲気。奥へまっすぐ延びる廊下の壁には掛け軸や置物があり、細部の装飾も落ち着いた空間を演出しています。

大人の女子会にも使える、落ち着いた個室

店内は通常のダイニングルームのほかに6室の個室を備えています。個室は掘りごたつ席、テーブル席などさまざまなスタイルがあり、2名から個室使用料なしで利用できるので、女子会にもおすすめ。希望があれば予約時に相談してみるといいですね。

子ども連れに人気なのが、入口すぐの円卓を備えた掘りごたつの部屋。隣接する部屋がないので「離れ」感覚でほかのお客さんを気にせず、リラックスして食事を楽しめそうです。

季節ごとに変わる旬菜旬魚12種の小鉢

ランチで人気のメニューは「花かぐら弁当」です。色とりどりの小鉢に、肉や刺身、煮物など職人が創意工夫した12種の料理がそれぞれ盛り付けられています。「どの料理も、1つでも欠けたら完成しない」と話す中根さんの言葉通り、手間暇かけた料理が少しずつ散りばめられたお弁当は、彩りだけでなく全体の味のバランスも絶妙です。

このほか、錦糸卵と鮭がのったご飯とみそ汁、食後のコーヒーとデザート付きで2050円。加えて3名まではグラスワインが、4名からはボトル1本が付くといううれしいサービスもあり、まさに至れり尽くせり。

女性に向けて、美味しい料理を提供

ディナータイムのメニューも豊富に揃います。なかでも人気なのが「牛フィレ肉の極上ステーキ」と、ほか8品が楽しめるコース「特選かぐらディナー」(4850円)です。ステーキは自家製エスニックソースがかかった、本来の肉の旨味を引き出した一品です。料理に合うワインや地酒、焼酎なども用意しており、飲み放題を付けて美味美酒を堪能するのも良いですね。

「花かぐら」の店名は、女性に親しみのある「花」と神楽坂の「かぐら」を組み合わせ、漢字は華々しい「華」よりも優しさを感じる「花」にしたことに由来しています。その思いは、価格帯の高い立地にありながらもお財布に優しい価格を維持しつつ、お客様に美味しい料理を提供する姿勢にも表れています。