JR三ノ宮駅からフラワーロードを南へ徒歩6分、2022年7月にオープンしたばかりの「CÔNE(コーヌ)」。店内にはカウンターやハイテーブルを設置し、ケーキを気軽にイートインできる“ケーキスタンド”という新感覚のショップです。コーヒーはケーキとの相性を最優先したオリジナルブレンドを用意し、ケーキとコーヒーのペアリングを提案しています。

ケーキをより気軽に味わえるケーキスタンド

緑豊かで広大な公園・東遊園地の近くにオープンしたケーキスタンド「CÔNE(コーヌ)」。神戸を山手から海辺まで南北に貫くフラワーロードの東側にあります。

シェフパティシエの本岡遊さんは、フランスの伝統菓子が好きで、フランス人パティシエがいるパティスリーで腕を磨き、渡仏して本場の味づくりも経験したそう。構成は繊細でも、主役となる素材が何かはっきりわかるようなケーキづくりを心がけていると言います。

本岡さんは「ケーキをもっと手軽に楽しんで欲しい」と、店内にイートインスペースを設けています。

イートインといっても、椅子に座ってゆったりくつろぐカフェのような場所ではなく、カウンターやハイテーブルの傍らに立ち、コーヒースタンド感覚で過ごすスタイル。ありそうでなかった、ケーキスタンドというスタイルが注目されています。

主役素材を際立たせた、きらびやかなケーキたち

ショーケースに並ぶケーキは季節替わりを含め約15種。フランス菓子の伝統的な製法に基づいた正統派ならではの美しい佇まいが目を引きます。

本岡さんの好きを詰め込んだというフルヴィエールは、塩キャラメルとナッツが主役。プラリネのバタークリームやミルクチョコレートのムースを重ね、プラリネ入りのチョコレートでコーティング。食べはじめはプラリネはザクザクした食感と華やかな香ばしさを楽しめ、後からプラリネクリームの上品な甘さが口いっぱいに広がります。

またトッピングに絞った塩キャラメルクリームの塩味が絶妙。キャラメルの甘苦さを引き立ています。

ケーキに合わせるのは、バリスタこだわりのコーヒー

コーヒー好きの本岡さんは、自身が好きで通っていた神戸・元町のスペシャルティコーヒー専門店「Coffee LABO frank…」の代表バリスタ北島宏祐さんに、コーヒーのオリジナルブレンドをオーダー。ほどよい苦味と軽やかな口当たりでケーキとの相性の良さが感じられます。

バリスタが常駐しているので、コーヒーやエスプレッソだけでなく、アレンジドリンクも豊富です。

いつもと違う形でコーヒーを味わいたいなら、ワイングラスで提供されるシェケラートを。シェケラートは、エスプレッソもしくはカフェラテをシェイカーでシェイクしたもの。しっかりシェイクするだけでやわらかい口当たりになり、味もまろやかになるので、エスプレッソやカフェラテを飲み慣れている人ほど、驚きがありますよ。

パティシエとバリスタがタッグを組んだからこそ生まれたのが、ティラミスフランク。マスカルポーネのムースの下に、「Coffee LABO frank…」のカカオブレンドの水出しコーヒーを染み込ませたスポンジを敷いています。マシンやドリップで抽出したコーヒーは時間が経つと酸味が立ってしまいますが、水出しのコーヒーは冷めても味の変化が少ないと言います。

ティラミスの表面には、コーヒー味のチョコレートとチョコレートクッキーを砕いたものを散らして、食感のアクセントに。コーヒーに見立てるため、器はテイクアウト用のコーヒーカップをつかっているのもユニークです。

手土産やプレゼントにはカヌレや焼き菓子を

「フランス菓子をもっと日々のおやつに」と、カヌレやパレブルトン、マドレーヌといった焼き菓子が充実。それぞれ個包装でひとつずつ買えるのも魅力です。

フランスのボルドー地方生まれの伝統菓子・カヌレは、アレンジを加えずクラシックな製法で作っています。砂糖は2種ブレンドし甘さを微調整。カヌレに合うラム酒を厳選しているため、香り高さが自慢です。外はカリッと、中はもっちりのバランスも絶妙です。

オリジナルのギフトボックスやショッパーもかわいいので、手土産やギフトにも喜ばれるはず。百貨店やおみやげショップにはない神戸土産を探している人にもぴったりですよ。