2022年11月1日、自然いっぱいの「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」内にジブリパークがオープン!計画発表から話題になっていただけに、ワクワクして待っていた方も多いはず。「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の第一期整備エリアから、ことりっぷ的見どころをご紹介します。

愛知県長久手市にある「愛・地球博記念公園」内に、2022年11月1日にオープンするジブリパークは、スタジオジブリの世界を表現した公園です。

ひとつの美術館のように、緑豊かな園内の森や道を歩いて回ることで自分だけの楽しみを見つけることができます。「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3つが第1期開園のエリア。ジブリの秘密がいっぱいの大倉庫と、映画に登場した建物の世界をゆっくりめぐってみましょう。

作品の名場面があちこちに散りばめられた「ジブリの大倉庫」

パークのメインエリアとなるのが「ジブリの大倉庫」。室内の中に広がる町のあちこちに、ジブリ映画の名場面が散りばめられ、まるで博物館のようです。この施設だけでもたっぷり2〜3時間は楽むことができますよ。ジブリの物語に触れた時のわくわくする気持ちを思い出しながら入館します。

これまで「三鷹の森ジブリ美術館」だけで上映されていたスタジオジブリ制作の短編アニメーションを見ることができるのが、「映像展示室オリヲン座」。どこかレトロな雰囲気の館内はロビーの隅々まで作りこまれているので、待ち時間も眺めて楽しめます。

ただ歩いているだけでも楽しみが見つかる「ジブリの大倉庫」内。

町角の掲示板や街灯まで作りこまれ、ノスタルジックな雰囲気に童心に引き戻されます。懐かしい気分に浸れそうな商店街「南街」では、本や駄菓子、模型を販売するショップにも立ち寄りましょう。

過去に人気を博した企画展が大集結

「ジブリの大倉庫」では、スタジオジブリと、ジブリ作品の“入門編”となる3つの企画展示があります。

作品の登場人物になりきって名場面の中に入り込める「ジブリのなりきり名場面展」。13作品14コーナーそれぞれで、作品に思いを馳せながらカメラを手にチャレンジしてみましょう。

かつて三鷹の森ジブリ美術館で開催された企画展示をパワーアップさせたのが、『「食べるを描く。」増補改訂版』。一度は食べてみたいと誰もが思うほどおいしそうに描かれている、ジブリ作品の食べ物の秘密をひも解きます。

世界中から集めたジブリ作品のポスター、映像・音楽パッケージ、書籍などを一堂に集めた「ジブリがいっぱい展」もお見逃しなく。同じ上映作品でも、見せ方が異なる個性豊かなデザインやビジュアルにお国柄を感じます。

登場人物のサイズになると、作品への視点が変わります

ジブリ作品がぎゅっと凝縮された「ジブリの大倉庫」内は、目移りするほど魅力がいっぱい。

『天空の城ラピュタ』に登場する、約4メートルのロボット兵が主の帰りを待つ「天空の庭」、『借りぐらしのアリエッティ』に登場する小人たちの暮らしを、人間のサイズで再現した「床下の家と小人の庭」の展示では、作品の登場人物が触れる世界の大きさはどんなものなのかを体感することができます。体感後に再び作品を観れば、以前と異なる視点で楽しめるはず。

映画から現実に現れたような建物がある「青春の丘」エリア

『耳をすませば』の物語の舞台のひとつ、「地球屋」と、その前を1周するロータリー広場、『猫の恩返し』に登場した「猫の事務所」がある「青春の丘」エリアは、エレベーター棟からすぐのところにあります。

木造と鉄筋コンクリートで作られた3階建ての「地球屋」に足を踏み入れれば、映画そのものが現れたような室内が広がります。

『猫の恩返し』に登場する「猫の事務所」は、“猫サイズ”で建てられた建物。建物の基礎から、通常の建築物と同じように作っているのだそう。

昭和の初期の建築と森の散策「どんどこ森」

『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」を中心に、昭和の景観をイメージしている「どんどこ森」エリア。

サツキとメイの家の裏山にあるのが、「どんどこ堂」。散策路を登っていくと、気持ちの良い空間が広がり、大きなトトロの木製遊具が置かれています。森の自然を楽しみながら、物語に思いを馳せてみては。

サンドイッチやお菓子をおともにカフェでひと休み

ショップやカフェがあるのは「ジブリの大倉庫」エリアの一角です。

愛知県産の牛乳と、『風立ちぬ』にも登場した「シベリア」を提供する「ミルクスタンド シベリ・あん」は、カウンター式のスタンド。

パーク限定のオリジナル商品もそろうショップ

「冒険飛行団」は、ジブリ作品に関連するグッズに加え、ジブリパークのオリジナル商品を取りそろえたお店。かわいらしいぬいぐるみから、大人がさりげなく持てるステーショナリーや雑貨も並びます。

自分の足で歩いて回りたい♪ 来園は予約してからどうぞ

ジブリパークへの入場は、日時指定の予約制。予約はエリアごとに必要になってくるので、気になる最新情報やチケットについてはまず公式サイトからチェックしてみてくださいね。

2023年には「もののけの里」、次いで2024年に「魔女の谷」エリアのオープンが予定されています。広大な園内では、宝物を探すような気分で自分の中のワクワクに出会えます。ぜひ訪れてじっくり散策してみてくださいね。