六本木にある「ル・ショコラ・アラン・デュカス」は、フランス料理のシェフ・アラン・デュカス氏のショコラ専門店。2Fのサロンでは、季節毎に変わるアフタヌーンティーセット「ル・グテ」を楽しむことができます。大きな窓から見えるけやき坂の景色を眺めながら、ゆっくり特別なティータイムを過ごしてみませんか。

フランス・パリのショコラ専門店

六本木駅より徒歩5分。六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどの複合施設や、ラグジュアリーホテルが立ち並ぶ華やかな六本木。ゆるやかなけやき坂通りを上がる途中に見えてくるのが「ル・ショコラ・アラン・デュカス 六本木」です。

「ル・ショコラ・アラン・デュカス」は、フランス料理のシェフ・アラン・デュカスが2013年にフランス・パリにオープンしたショコラ専門店。六本木店は、2018年にオープンした日本橋の工房に続き国内の2号店です。

1階のブティックのショーケースや棚には、カカオ豆の本来の味わいを堪能できるボンボンショコラやタブレットがずらりと並びます。販売する商品はすべてパリ工房でカカオ豆から作られたクーベルチュールを使用し、日本橋の東京工房で製造しています。日本限定の焼菓子もあるのでぜひチェックしてみてください。

2階の「ル・サロン」は、スタイリッシュでエレガントな雰囲気。大きな窓からは明るい光が差し込み、緑あふれるけやき坂の風景を眺めながらパティシエによるデザートや季節のアフタヌーンティーを楽しむことができます。

クリスマス限定のショコラアフタヌーンティー

デザートサロンで人気のアフタヌーンティーセット「Le goûter(ル・グテ)」が、六本木店では12月2日〜25日までクリスマス期間限定の特別なクリエーションに。クリスマスをテーマにした特別なショコラや焼き菓子が13種類揃います。

クリスマスに登場する人気の焼き菓子は3種類。ジンジャーマンをかたどったかわいらしい「サブレ ショコラ」は、サクッとした食感に塩味と甘さ控えめのショコラが味わえるサブレ。「プレッツェル」は、カカオニブと塩を散りばめて焼き上げてあり、クリエーションの中では唯一塩気をアクセントに香ばしい味わいを堪能できるお菓子です。

濃厚なチョコレートの味わいを堪能できるショコラデザートは4種類。ペルー産のなめらかなクリームとクルミのタルトレット「タルト ショコラ・ノワ」、真っ白なココナッツに覆われたスノーボールのような「ブール・ショコラ パッション・ココ」、三角形の「フォレノワール」は、ショコラの生地にショコラムースとシロップ漬けのさくらんぼを重ねたお菓子。フルーティなさくらんぼとコク深いショコラがよく合います。

クリスマスをイメージした3つのプラリネショコラ

3つのプラリネショコラ「ショコラ・ド・ノエル」は、クリスマスをイメージした見た目も楽しめるボンボンショコラ。雪の結晶の形をしたプラリネ・ココはココナッツ、もみの木の形をしたアマンドはアーモンド、星の形をしたノワゼットはヘーゼルナッツの風味。

「パット・ド・フリュイ・フランボワーズ」は、フランボワーズのジューシーな甘みがさっぱりとしており、ショコラデザートの合間に食べたい存在の砂糖菓子です。

雪の結晶をモチーフにしたマロンとショコラのデザート

「モンブラン・ショコラ・ミルティーユ」は、カシスやショコラが層になったグラスデザート。雪の結晶をモチーフにしたチョコレートの下には、カカオ分75%のオリジナルブレンド・クレームショコラにシャンティーマロン、底にはカシスとブルーベリーのコンフィが入っています。まろやかなショコラとフルーティーなコンフィの味わいが贅沢な気分に。

スパイスが香るショコラショー「ショコラ・ヴィエノワ・オ・エピス・ド・ノエル」と一緒に味わってみて。

ショコラ香る「シュトーレン」

クリスマスを待つ間に食べる「ル・ショコラ・アラン・デュカス」ならではの「シュトーレン」も登場。フランス・コルシカ島ソヴェリア村のオレンジやシトロンのコンフィ、香ばしいアーモンドなどがたっぷり入った生地を、マダガスカル産カカオ45%のショコラ・オ・レでコーティング。こちらは全店舗とオンラインブティックで11月18日より販売します。

クリスマスの魅力がたっぷり詰まったクリスマス限定のショコラアフタヌーンティーを、サロンでゆっくりと味わってみてくださいね。