話題のショップが集まったショッピングエリア堀江にある「TABLES Coffee Bakery&Diner(タブレス コーヒー ベーカリー&ダイナー)」。時間を問わずカレーやワンプレートのフード、自家製のスイーツが味わえます。南堀江公園の前、テラス席も備えた開放的なロケーションも魅力。テラス席はペットの同伴OKなので犬好きの憩いスポットとして親しまれています。

南堀江公園前にある食堂カフェ

JR難波駅から徒歩10分、大阪メトロ千日前線の桜川駅から徒歩5分の場所にある「TABLES Coffee Bakery&Diner」。母体は店舗設計や環境デザインを行っているデザイン会社で、空間は自社デザイン。家具はほぼオリジナルで、洗練された雰囲気です。

ボックス席やソファ席など、くつろぎ感を重視した客席なので、ゆったり過ごせます。インテリアの雰囲気も随所で異なるため、訪れるたびに違う席に座ってみるのも楽しいかもしれません。

入口側にあるウッドデッキにはテラス席があります。こちらのテーブル席はペット可なので、犬の散歩途中に立ち寄りやすいと好評です。

テラスのカウンター席は、緑がある花壇に囲まれているため、通りからの視線を気にすることなく、開放的なロケーションを楽しめます。

とろけるクリームに包まれたプレミアムなショートケーキ

数ある自家製スイーツのなか、注目なのが、インパクトある苺のメルティショートケーキ。いちごをサンドしたスポンジ生地に、6分だてのクリームをかけています。

北海道産マスカルポーネとマダガスカルバニラを使った、とろけるクリームは、オーダー後にかけているので、トロンとやわらかい質感。お皿に流したイチゴソースと絡めながらいただきましょう。

柑橘とソーダの爽やかさが弾けるドリンク

オリジナルブレンドの深煎りコーヒーやポットサービスしている紅茶、クリームソーダなど、ドリンクメニューも充実。果肉を煮詰めた自家製のオレンジシロップを炭酸水で割ったオレンジスパークは、オレンジらしい爽やかな甘酸っぱさが際立つ爽やかなドリンクです。

カレーやパスタ、ワンプレートとフードも多彩

フードメニューはバターチキンカレーやチキン南蛮プレート、唐揚げプレートなど。バターチキンカレーは、十数種類のスパイスを効かせたオリジナルのカレーに半熟卵をトッピング。チキンがやわらかくホロホロになるまで煮込まれています。

フード類は時間を問わずオーダーできますが、ランチタイム(11:00〜14:30、LO14:00)なら+250円でドリンクバーを利用できるので、お昼ごはんはこの時間帯がおすすめです。

テイクアウトするなら贅沢なバターサンドを

百貨店の催事などにもたびたび登場し、人気を集めているのが堀江バターサンド。レーズンバター、いちごミルク、塩あんバター、イチゴピスタチオの4フレーバーがあります。

カラフルなカラーリングが目を引くイチゴピスタチオは、イタリア産ピスタチオを使用した濃厚なバタークリームに、フリーズドライのイチゴを混ぜ込み、軽い食感のサブレでサンドしたもの。バタークリームはリッチなボリュームですがくちどけがよく、イチゴの酸味がほどよいアクセントになり、あっさり食べ切れてしまうから不思議です。

客席は約60席、テラスは10席と堀江のカフェの中では席数も多いため、ランチ難民、カフェ難民になってしまったとき助けてくれる可能性大。1日を通して同じメニューを提供しているため、時間を気にせず利用できるのも便利です。

堀江を訪れる際にはぜひチェックしておきたいカフェのひとつですよ。