スイーツプロデューサー・磯崎 舞が、日常に寄り添うおやつから贈り物にも選びたくなる焼き菓子を紹介する連載『#焼き菓子部』。朝晩は冷え込んで季節の移り変わりを感じる今、秋から冬にかけて食べごろを迎えるりんごのスイーツを存分に味わってみませんか。爽やかな甘味やシャキシャキとした歯ごたえ、焼いたり煮たりするととろ〜り甘味が凝縮し、さまざまなおいしさがあって食べ比べが楽しいですよ。今回は「GRANNY SMITH APPLE PIE & COFFE(グラニースミス アップルパイ&コーヒー)」のアップルクッキーボックスをご紹介します。

アメリカの田舎にあるようなホームメイドアップルパイ

アメリカのおばあちゃんが焼くアップルパイの味を目指した「グラニースミス アップルパイ&コーヒー」。青森県や長野県などから年間を通して季節に応じたさまざまな品種の国産りんごを仕入れ、店舗で加工するなど素材にもこだわります。その親しみのある味はたくさんの人に愛され続け、関東を中心に11店舗構え、アップルパイ専門店の代表格ともいえる存在です。

ブランドの世界観があふれたアメリカンテイストなパッケージ

アップルパイは要冷蔵で日持ちがあまりしないため「贈り物にもできる、日持ちがして持ち運びしやすい商品を作ってほしい」というお客さまからの声を叶えたのが、今回ご紹介するアップルクッキーボックスです。パッケージにはアップルパイやアップルクッキーのイラストがレトロ調に描かれていてほっこり。箱を開けると、一枚ずつ梱包されたクッキーが丁寧に敷き詰められています。

スタンダードから大人味までさまざまな4種

袋を開けた瞬間に甘い香りがふんわり。生地には細かく刻んだりんごが入っていて、時折感じる果肉の歯ざわりとサクサク軽やかな食感のハーモニーがやみつきに! 4種類12枚のクッキーが入っていて、2012年開業時からレギュラーメニューとして提供しているアップルパイをクッキーで表現しています。

まず、一番初めに食べてほしいのが「フレンチ ダマンド」。砕いたアーモンドとアーモンドプードル入りの生地は香ばしく、シナモンが心地よく香ります。馴染みのあるスタンダードなアップルパイの味わいに心温まりますよ。

子供から大人まで楽しめるのが「イングランド カスタード」。卵の風味豊かなカスタードクリームを練り込んだ生地からバニラの甘い匂いが伝わり、どこか懐かしい味わいにホッとします。

うってかわって、特別感があるのが「クラシック ラムレーズン」。生地に練りこんだレーズンとラム酒の洗練された香りが口いっぱいに広がり、長い余韻に魅了されます。

アメリカの家庭で定番のアップルパイを表現したのが「ダッチ クランブル」。生地に香ばしいクルミをたっぷり入れ、モラセスという糖蜜を入れることで黒糖に似たコクをプラス。余韻にほんのり感じるウイスキーが相まって、じっくり食べたくなる味わいです。

ウイスキーやラム酒が入っていますがアルコール感はなく、香りを加えることで立体感を出し、お店で提供しているアップルパイに限りなく近い味わいを再現しています。コーヒーとのペアリングのほか、「クラシックラムレーズン」にはラム酒フレーバーのお酒、「ダッチクランブル」にはバーボンフレーバーをお酒を合わせ、大人の時間を過ごすのもおすすめですよ。気軽に食べられるクッキーで、アップルパイの味わいを楽しんでみて。