トレンドを常に発信している東京駅は、話題のスイーツやグルメの宝庫。東京駅八重洲北口改札を出てすぐの「東京ギフトパレット」が、2022年11月16日に拡大リニューアルオープンをし、ますます品ぞろえが充実しました。六本木の老舗洋菓子喫茶「アマンド」のナポレオンパイ専門店や、京都発のデニッシュ専門店「グランマーブル」の新ブランドなど、見どころ満載ですよ。限定商品を中心におすすめをご紹介するので、手みやげ選びの参考にしてみてくださいね。

懐かしくも新しいナポレオンパイの専門店「アマンド東京」

1946年に東京・六本木に創業し、昭和バブル期に人気を博した老舗洋菓子喫茶の「アマンド」。最近では当時のメニューを復刻するなどの試みで、かつて慣れ親しんでいた世代には昔懐かしく、若い世代からは新しく感じる存在として愛されています。そんな「アマンド」がナポレオンパイの専門店として出店。アマンド・ピンクと呼ばれる鮮やかなピンクを基調にした店構えをひと目見ると、心がときめきます。

ファン歓喜の注目商品が「ナポレオンパイ」。かつて「アマンド」の人気商品でしたが、出店を機に復活しました。パイの中間層にあえてイチゴを入れず、発売70周年を超えるアマンドの看板メニュー「リングシュー」で培った特製のカスタードクリームを入れるのがアマンド風。周りをぎっしりとアーモンドで囲み、苺を飾りつけた見た目も華やかです。サクサクのパイ生地とともに香ばしいアーモンドが砕け、コクのあるなめらかなカスタードクリームと生クリームが繋ぎ役となって贅沢な味わいです。

「ナポレオン パイ」を日持ちする焼き菓子にアレンジした「ボン・ナポレオン」。アーモンドとざらめ糖をのせたパイはザクザクでインパクトがあり、ホワイトチョコレートクリームの甘い口どけとフリーズドライの苺の甘酸っぱさが幸福感のある味わいです。

地球にも人にもやさしいデニッシュ専門店「プティ マーブル」

京都発のデニッシュ専門店「グランマーブル」から、新ブランドの「PeTit MarBLe(プティ マーブル)」が誕生。健康思考やエコへの関心が高まる昨今、体にも地球にもやさしい今までにないデニッシュ作りをコンセプトに掲げています。乳や卵などの動物性食品を使わず、環境に配慮した素材を厳選。1枚216円〜小分けになった仕様で販売されているので、自分へのご褒美にもおすすめですよ。

「プティデニッシュ アソート(ピンク)」は、ショコラ、祇園辻利抹茶あん、プレーン、あんの各1枚入りのセット。プレーンは、小麦粉、ソイミルク、ヴィーガンバターにこだわって素材を活かし、ほんのりとやさしい甘味が伝わってきます。仕込みから焼き上がりまで3日間かかる生地は、外はサクサク、中はしっとりふわふわ。その食感に夢中になって、もう一枚食べたくなってしまうはず。

「プティデニッシュ」をカリっと焼き上げて、気軽に食べられるクランチ状にアレンジした「プティクランチ ショコラ」。甘く濃厚なショコラがからみ、誰もが好きな味わいに!

極上の濃厚感に心奪われるブラウニー専門店「コートクール」

チョコ好き必見なのが、日本初のブラウニー専門店「côte cour(コートクール)」。「ブラウニーを初めてアメリカで食べた時の感動を日本にも広めたい」という思いで恵比寿に創業し、東京と神奈川に7店舗展開しています。甘すぎず濃厚なカカオの風味はウイスキーやワインなどお酒との相性も抜群で、贅沢な気持ちに浸りたい時におすすめですよ。

2種類のクーベルチュールチョコレートをブレンドして生地に練り込むことで、濃厚なカカオの風味が楽しめる「東京ブラウニー」。しっとりねっとり、口どけていくさまが幸福感たっぷりです。

3種類のクーベルチュールチョコレートを使うことで、「東京ブラウニー」よりも更に生チョコのような濃厚感があるのが「生ブラウニー」です。約5種販売するなか、東京ギフトパレット限定なのが「ピスタチオ&ヘーゼルナッツ」。ヘーゼルナッツペーストを生地に練り込み、ふんだんにピスタチオを散りばめた濃く贅沢な味わいです。

本場アメリカの味を再現したアップルパイが自慢の「バビーズ」

「Bubby's(バビーズ)」は、 アメリカンパイやパンケーキ、ハンバーガーなどを提供するニューヨーク生まれのカフェ&レストラン。東京ギフトパレット店では、ニューヨーク本店のレシピをそのままに、どこか懐かしい味のアップルパイを中心に販売します。

りんごを丸々2個分を使った代表作の「マイルハイアップルパイ」を、カップ仕立てにアレンジした新商品は人気が高まりそうな予感。持ち運びしやすく食べやすいので、新幹線の中で食べるのもおすすめですよ。シナモン香るリンゴがゴロっと中から現れて心高鳴ります。

山梨県産フルーツが彩る「和スイーツ 和乃果」

「和スイーツ 和乃果」は、山梨の和菓子屋「清月」とHACK JAPANホールディングスがコラボして生まれたブランド。フランス産の高級ショコラを使ってフルーツやワインのジュレを閉じ込めた「果実ショコラ」や、ワインでドライフルーツの個性を際立てた「果実バターサンド」など、山梨県産のフルーツを主役にした商品を展開します。

なかでも、みずみずしい旬のフルーツを存分に堪能できるのが「ロールケーキ(シャインマスカット)」。山梨県産の米粉を使ったもっちりとした生地はあえて薄くして、甘さ控えめの生クリームと一緒に巻くことで、フルーツの味わいを引き立てています。

フレンチレストランの贅を極めた品がそろう「ラ ブティック テラコヤ」

東京・武蔵小金井に1954年に創業したフレンチレストランの「TERAKOYA」が手がけるショップの「La Boutique TERAKOYA(ラ ブティック テラコヤ )」。フレンチを極めたシェフによるスイーツをそろえ、トリュフを使ったカヌレやフィナンシェ、チョコレート商品など特別感があふれます。

レーズンサンドならぬオリーブサンドは最も人気の商品。スペイン・アンダルシア地方の最高級オリーブを数週間かけてじっくりシロップ漬けにして挟んでいます。ほろっとほどけるビスキュイにホワイトチョコレートをベースにしたクリームが相性よく、上品にオリーブが香ります。

抹茶のおいしさをとことん追求した「茶の環」

「茶の環(ちゃのわ)」は創業60年の広島のお茶屋が手がけた抹茶スイーツ専門店。茶鑑定士が「茶の環」のために独自にブレンドした宇治抹茶を贅沢に使い、本格的な味わいを楽しめます。

濃い緑色に食べる前から期待が高まるのが「抹茶バターケーキ満月」。宇治抹茶をそのままスイーツにしたような香り立ちの良さに、ひと口食べて驚きます。しっとりした生地から広がる心地いい苦味と旨味に心満たされるはず。

可愛いパッケージが心をつかむ紅茶専門店「ムレスナティー」

「ムレスナティー」は1985年に創業したスリランカの紅茶ブランドです。セイロンティーの中でも良質なオリジナルブレンド茶葉を使用。渋味や苦味が少なくやわらかな風味なので、さまざまなスイーツやフードとも合わせやすいですよ。店内にはデザイン性のあるパッケージの商品が豊富に並び、ワクワクしながら買い物ができます。

浅草寺が描かれた「焦がしキャラメリーゼな東京」と、東京駅が描かれた「桃色のMOMO東京」は東京ギフトパレット店限定のパッケージ。手みやげで渡したら、会話が弾みそうですね。

クリスマスや年末年始とイベントが立て続けにある冬。ぜひ手みやげや贈り物に選んでみてくださいね。