谷中銀座と上野公園の間に位置する上野桜木は、昭和の風情が残る街並みを眺めながら散策できる楽しいエリアです。そんなエリアにある「上野桜木あたり」は昭和初期に建てられた3棟の古民家を再生してパンやビアホールなどのショップと、人々が集まる場所としての機能がある複合施設として誕生しました。おいしいものと人々の笑顔が集まる場所を訪ねてみませんか。

懐かしくも新しい、気持ちのよい3軒家

JR日暮里駅、東京メトロ根津駅からそれぞれ徒歩10分、谷根千エリアの間に位置する上野桜木町。文化施設も近く、古くから芸術家や作家が居を構えた土地柄です。

この地に昭和13(1938)年に建てられた3軒の日本家屋を再生した上野桜木あたり(以下「あたり」)は、ショップとコミュニティ施設としての機能があり、人々の交流と食文化の発信をするスペースです。入口は藤棚と縁台がある開放的な雰囲気で「みんなのろじ」という名前が付けられています。

本格派パンがずらり「ブーランジェリーパティスリー Think」

「ろじ」の右奥にあるのが「ブーランジェリーパティスリー Think(シンク)」です。フランスで修業を重ねたパン職人とパティシエが店内で焼き上げる、本格派のパンやスイーツが40種ほど並びます。吟味した素材と、粉に対して水分の多い「超高加水」という製法でつくるパンはしっとりとした食感が特長。

カンパーニュにこだわりを持つThinkのおすすめは、カンパーニュ生地の「赤ワインのサングリア」、「白ワインのサングリア」。「赤ワイン」は、いちじく、ブルーベリー、レーズンがごろごろっと入り、シナモンなどのスパイスがきいた、お酒にもよく合うパンです。

メロンパンは、表面のクッキー生地が驚くほどさくさくと軽い食感。バニラビーンズの豊かな香りも楽しめます。目移りするほどのパンやスイーツが並んでいますが、夕方にはなくなってしまうことも多いので早めに訪れるのがおすすめです。

「おしおりーぶ」で好みの味を発見

「あたり」の突き当り左手にある「おしおりーぶ」は日本初の塩とオリーブオイルの専門店。国内外から選ばれたこだわりの品が並びます。テイスティングもでき、オリーブオイルの味わい方なども提案しているのでスタッフに聞いてみましょう。

2階にもショップが2店舗あります。マダガスカル専門店「Biomadaga(ビオマダガ)」では、マダガスカルのチョコレートやバニラビーンズを紹介。「share shop カタテマ」は5人の店主で営んでいるため、工芸品やオリジナルアクセサリーや輸入雑貨、着物リメイクまで珍しいさまざまなアイテムと出会えます。

こだわり野菜の日替わりランチが人気の「OKATTE」

「あたり」のコミュニティスペース「みんなのざしき」は、落ち着きのある畳敷きの間。このスペースを利用して、水〜金曜と不定期で月一回週末に営業する「OKATTE(おかって)」のランチも人気です。言問通りにて選りすぐりの野菜を販売するOKATTEが、おいしい野菜の味わい方を紹介する店として営業しています。

野菜たっぷり日替わりランチ(1200円)はボリュームたっぷりの野菜のおかずに季節の炊き込みごはんがついた満足感のあるセット。滋味あふれる野菜はしみじみと味わい深く、めずらしい野菜との出会いも楽しいランチです。

卵かけごはん(1300円)もおすすめで、平飼い純国産鶏卵の淡い黄色のすっきりとした味の卵に「江戸辛味大根」をすりおろした薬味がよく合い、ごはんが進みます。

ここでしか味わえない!「谷中ビール」を飲み比べ

締めは、個性豊かな「谷中ビール」を「谷中ビアホール」で楽しみましょう。店に入ると正面に一枚板のカウンターとビールタップがあります。初めてであれば4種のビールの飲み比べができる「テイスティングセット(1600円)」はいかが。

色と味にそれぞれ特徴のある「谷中ビール」は、この日本家屋のビアホールで飲むことを想定して味、色、香りを作っています。それぞれ温かみのある色で、昭和初期の家屋にもなじむよう設計されているとのこと。店内に広がる居心地のよい雰囲気と、こだわりのおいしいビールで至福のひとときになります。

風が抜ける路地は、内と外の境界がゆるやかで、それでいて活気がある印象。ご近所さんのような気さくなスタッフとの交流にも心が温まります。3軒の古民家においしいものと人々が行き交う「上野桜木あたり」で温かみのある雰囲気を楽しんではいかがでしょうか。