目黒川の近くにある一軒家カフェ「neel中目黒」。お皿いっぱいにのった巨大なクレープやジューシーなおいしさのカツサンドが大人気のカフェです。内装がとっても素敵で、海外からのお客様も多く訪れます。気になるお店の中をちょっと覗いてみましょう。

洋ナシのロゴとブルーの壁が素敵

中目黒駅から目黒川沿いに進み、緑橋を横に入った路地へ歩くこと8分。ブルーのおしゃれな建物が見えます。こちらが、いま話題の隠れ家的な一軒家カフェ「neel中目黒」。神宮前の人気カフェ「ニール(neel)」の2号店で、今年5月にオープンしました。

メニューは軽食やスイーツ、アルコールまでいろいろ。看板メニューは「ニールのヒレカツサンド」(1250円)。脂身が少なく軽やかなヒレ肉と、アボカドやトマト、紫玉ねぎ、レタスを、もちもちっとした食感のチャバタでサンドしたボリューミーな一品です。分厚いヒレカツはとってもジューシー。

オリーブの実やアンチョビ、オリーブオイル、ケッパーなどで作るペースト状のタプナードと、ほどよくスパイシーなカレー粉を使ったコクのあるオリジナルソースの相性が抜群。サイドメニューとして、「インカの目覚め」を使った角切りポテトと、タマネギの甘みが引き立つカボチャのスープが付きます。

シンプルなおいしさが光る巨大クレープ

スイーツも見逃せません。こちらに足を運んだらぜひいただきたいのがお皿いっぱいの大きさの「オリジナルシンプルシュガーバター」(610円)。外がカリッと中がバターの旨味がじゅわ〜と広がるシンプルなクレープです。テイクアウトにも便利な紙で包むこともできますが、圧倒的なサイズを体感できるお皿に盛ったクレープが人気だそう。

サンルーフのある2階のテラス席もおすすめで、カフェ店内以外からも裏側の階段から入ることもできます。すぐそばを目黒川が流れているのでテイクアウト利用もおすすめ。目黒川さんぽを楽しんでくださいね。