代官山にカフェ・ショップが併設された新しいスポット「Lurf MUSEUM」がオープンしています。こちらは、2週間〜1か月の頻度で変わる展示とともに、カフェ空間のイメージががらりと変わるので訪れるたびに新しい場所に来たような不思議な感覚を覚えます。気軽にアートに触れることができる空間で、ほっとひと息ついてみませんか。

見渡す限りのアート空間でほっとひと息

代官山駅の中央口を出て道沿いに歩くこと3分。緑豊かなエントランスに2階建てのブラウンの建物が見えてきたらこちらが「Lurf MUSEUM」です。カフェ・ショップが併設されたアートギャラリーで、昨年オープンしました。

館内は、広々としており、1階は作品展示のあるカフェとショップで、2階はじっくりとアート作品に向き合うことができる展示スペースになっています。展示は2週間〜1か月の頻度で変わり、展示に合わせて作られたオリジナルアイテムやアートブックをスペースで販売しています。

軽食やスイーツ、ドリンクもいろいろ

1階のカフェはまるで自宅にいるかのようなくつろぎ空間が広がります。配置された机や椅子はすべて1930年代のデンマークのビンテージ家具。ひとつひとつが異なるおしゃれなデザインで、どの席に座ろうか悩んでしまうほどです。

ほかにも、真空管のアンプや巨大スピーカーがあったりと、カフェに絵を飾ることで、自分のお部屋に絵を飾るイメージがつきやすい工夫も。座る場所によって展示アートの見え方が変わるのもおもしろいですね。

ケーキのお供におすすめしたいのが、青山にある紅茶専門店「ウーフ」の茶葉を使用した紅茶。「アールグレイ ヒマラヤ」「ダージリンピュッタポン茶園」「セイロン ディンブラ サマセット茶園」(各850円)の3種類があります。「アールグレイ ヒマラヤ」はとても香りが良くてしっかりとした味わいでした。

1階にある物販スペースでは、バッグやTシャツ、グラスやマグカップなど、展示に合わせて製作したオリジナル商品や過去に展示していたアーティストのグッズを販売しています。2階の展示スペースで、じっくりとアートの世界を堪能するのもおすすめですよ。