平安時代から歌に詠まれ、志賀直哉をはじめ多くの文人に愛された城崎温泉。文学の街にふさわしいブックカフェが城崎温泉駅から歩いて2分のところ、温泉街につながる駅通りにあります。
約3000冊の短編小説が揃い、自由に本が読め購入もできます。また、オリジナルのスイーツやドリンクが楽しめるカフェと、地元の特産品が勢ぞろいしたセレクトショップも併設。湯上がりにふらりと、電車の待ち時間にと気軽に立ち寄ることができますよ。

温泉街に合わせ独自にセレクトされたブックカフェ

「短編喫茶Un」には、短時間で物語がおもしろく読める本を主軸に小説やエッセイ、詩、和歌、絵本、写真集、4コマ漫画など多彩なジャンルが取り揃えられています。本のセレクトは本を選ぶプロ・ブックディレクターにより、城崎温泉に合うものや、訪れるお客さんに合うものを考えた結果、短編(小さな物語)にこだわって集められました。

企画棚もあり、「5分で読める」「30分で読める」「3時間で読める」「一生をかけて読む」と時間別にわかりやすく分類され、本を選ぶ人への配慮を感じます。

しっとりとした和×洋スイーツ「生バターどら焼き」

1階にあるカフェでは、人気スイーツの「生バターどら焼き」やドリンクを提供。
「生バターどら焼き」は、酒粕や甘酒、はちみつなどを使った生地に甘さをおさえた餡と、しっとりと口溶けの良い特製バタークリームをサンド。新食感のどら焼き6種類がイートインやテイクアウトで味わえます。

自宅のリビングのようにくつろげる空間

館内のコンセプトは、「もうひとつの自分リビング」。自宅のようなに落ち着ける、ゆるりと寛げる空間を目指した内装です。
デザインも気負いすぎず、フラットにニュートラルな雰囲気を大切にして、来訪者の「居心地」に寄り添うように設計されています。

セレクトショップでは、城崎名物のちくわパン250円〜(土・日限定)をはじめ、ここでしか出合えない但馬、丹波、丹後地方の特産品、名産品を数多く集めていて、地域ならではのおみやげを買いたい人におすすめです。

城崎温泉の魅力が詰まった素敵スポット

気軽に文学に触れられ、スイーツも。さらに、地元の名物などをおみやげとして買えることもできる「短編喫茶Un」。まさに、城崎温泉の魅力が詰まった場所といえそう。

館内は普段、本を読む習慣がなくても、自然と手に取れる雰囲気になっています。お気に入りの本を見つけて、おいしいおやつとドリンクをお供に、まったり過ごしてみてはいかがでしょうか。