パスタと手作りスイーツのイタリアン・コンセプトカフェ「boB the cafe + Sento Bene」が2023年6月に代々木上原駅構内にオープン。テレビなどでおなじみの青山にあったイタリアン「セントベーネ」の加藤シェフが手がける人気メニューをはじめ、都内に4店舗を構える半熟カヌレ専門店「boB」のお店が合体。気になるお店の中を覗いてみましょう。

お食事もスイーツも絶品ぞろい

代々木上原駅の構内にある商業施設「アコルデ代々木上原」の一角に「boB the cafe + Sento Bene」はあります。こちらは、半熟カヌレ専門店「boB」とイタリアンレストラン「セントベーネ」の世界観がぎゅっと凝縮したコンセプトカフェ。

店内では、セントベーネの名物料理「カルボナーラ」をはじめとするパスタや、ここでしか味わえない「トリュフの半熟カヌレ」など9種のカヌレ、体の調子を整えてくれる「メディカルハーブティー」などのカフェメニューが楽しめます。

シンプルな素材で作る名物パスタ

「セントベーネ」の加藤シェフこだわりのパスタメニューは全5種類。すべてのパスタメニューにフォッカッチャ、コーヒーOR紅茶が付きます。

こちらでぜひ味わいたいのが、絶品「カルボナーラ」。本場ローマ同様、生クリームを使わず、使用するのは卵とチーズのみ。具材はベーコンだけで、シンプルなおいしさをとことん追求した逸品です。そのおいしさは、大ボリュームにもかかわらず、ぺろりと食べてしまうほど。お好みで黒トリュフトッピング(+600円)もできます。

まるで花のようにカラフルなカヌレたち

原宿や銀座などに店舗を構える半熟カヌレ専門店「boB」。表面はカリッと、中はトロ〜リと溶ける食感も楽しい半熟カヌレで、代々木上原店では、ここ限定で「プレーン」(350円)を販売しています。

ほかにも、季節ごとに旬のフルーツや食材を使った、色鮮やかなカヌレがいっぱい。アールグレイの生地に桃のソースと桃をあしらった「桃とアールグレイ」(410円)やココナッツファインを全体にまとわせた香り豊かな「ココナッツ」(390円)など個性的な品々が全8種類並びます。

華やかなカヌレはテイクアウトのセット売りも可能。ギフトにもきっと喜ばれると思いますよ。ぜひ一度足を運んでみてくださいね。