名古屋のスイーツカフェ「カフェ サブヒロ」の、ビタミンCが豊富な完熟アボカドがたっぷり入ったかき氷が話題を呼んでいます。まろやかで優しい甘みが感じられ、スイーツとしても満点のおいしさです。
スイーツカフェ「カフェ サブヒロ」は、地下鉄東山線一社駅より徒歩5分ほど、大通りから少し入った住宅街にあります。

南国リゾートをイメージした店内は、緑豊かな植物空間。店の奥には、季節の花が咲く小さな庭も。テーブル同士の間隔が広く、ゆったりした雰囲気でくつろぐことができます。

こちらのカフェのテーマは「美と健康」。メニューはすべて添加物不使用で手作り。全てのスイーツに、免疫力を高め、美容にも効果的な乳酸菌FK-23を、配合しているのですよ。
中でも、女性から人気を集めているのが「アボカドミルク氷」(1500円)。

かき氷の側面にスライスしたアボカドがたっぷり。蜜には、完熟アボカドや練乳、自家製ヨーグルト、和歌山の温泉水を使用しています。甘すぎず、まろやかな味わいです。

氷は、老舗の「塚本氷問屋」から仕入れる純氷を使用。削り方と保存方法を工夫し、新雪のようにふわふわ食感に仕上げています。ボリューム満点で、2人でシェアしても満足できそう。

かき氷は常時10種類あり、他に変わりダネとしてはトマト氷(1500円)や新しょうが氷(1500円)なども女性に人気です。
9月1日からは「和栗のマッターホルン」も登場。ヨーロッパの霊峰「マッターホルン」をイメージして作った創作スイーツで、ふわふわに削った国産栗の下に、濃厚なカスタードクリームと生クリーム、スポンジケーキが隠れています。ひと口頬張ると、栗の香りが口にふんわりと広がり、一足早い秋の訪れを感じることができそうです。

夏はもちろん、残暑厳しい秋の休日にも立ち寄りたいカフェですね。