女優の浜辺美波が、2023年度前期に放送されるNHK連続テレビ小説『らんまん』にて、主人公・槙野万太郎を演じる神木隆之介の妻となるヒロイン・寿恵子を演じることが発表された。浜辺は出演にあたり、「震えるほど嬉しかった」と話している。

 本作は、激動の時代の渦中で、ただひたすら愛する草花と向き合い、明るいまなざしで生命の多様性を肯定し続けた牧野富太郎の生涯を描く。実在の人物・牧野富太郎(1862〜1957)をモデルとしつつ、ある植物学者の波乱万丈の物語として大胆に再構成。登場人物名や団体名などは一部改称して、フィクションとして描く。原作はなし。脚本は『群青領域』『流行感冒』の長田育恵。

 主人公・槙野万太郎は、高知で酒造業を営む裕福な商家の一人息子として生まれる。体が弱くいじめられがちな少年だったが、植物の魅力にとりつかれ、その秘めた才能を発揮。草木をたずねて毎日のように野山を歩き回ったおかげで健康で丈夫な体を持つことに。小学校中退という学歴にもめげず、独学で植物学をきわめ東京帝国大学植物学教室の門をたたいた万太郎は、さまざまな困難に遭いながらも、愛する植物のためにまい進。のちに「日本の植物学の父」と称される。

 浜辺が演じるのは、東京の下町で母と菓子屋を営んでいたが、万太郎と運命的な出会いを果たし、後に結婚する寿恵子。植物研究に金をつぎ込む夫のために、あの手この手で苦しい家計をやりくりし、最終的にはあっと驚く方法で家族を救い、万太郎や子どもたちと、貧しくも楽しく明るい家庭を築く。寿恵子もまた、実在の人物である牧野富太郎の妻・寿衛をモデルとしているが、激動の時代を夢に向かって生きたある植物学者と妻の物語として再構成されるという。

 浜辺は「祖父母、親孝行になる朝ドラという歴史ある番組に神木隆之介さんという敬愛する大先輩と共に出演させていただける機会との巡り合わせに、企画書を読む手が震えるほど嬉しかったことを覚えています」とコメント。

 さらに、「脚本の長田育恵さんともお話をさせていただき、夫を支えるひたむきな妻、という姿だけではなく寿恵子さん自身が植物のように根を強く張り逞しい女性として生涯を万太郎さんと駆け抜けて行けたらよいなと思っております。観てくださった方に快い笑顔になっていただけるよう精一杯努めます。2023年の春を迎えるのが今からたのしみです。どうぞよろしくお願いいたします」と意気込みを語っている。

 万太郎役の神木は、「浜辺美波さんのお名前を聞いた時、純粋に嬉しかったです。心から信頼をしている方なので万太郎と寿恵子さんの関係にこの信頼を乗せて築き上げていけたらいいなと思っています。そして心強いスタッフの皆様と共に、笑顔を届けられるように根を張り頑張ります」と共演の喜びを口にしている。

 また、プロデューサー・板垣麻衣子は「『らんまん』のヒロイン、寿恵子役に、浜辺美波さんをお迎えできること、とても嬉しく期待で胸がいっぱいです」とコメント。「寿恵子は、どんな状況も、決して明るさを失わず、軽やかに鮮やかに乗り越える、かっこいい女性です。浜辺美波さんは、花のような可憐さがありながらも、芯のあるかっこよさを感じさせてくれる俳優さんです。神木隆之介さん演じる万太郎とどんな家族を作ってくれるのか、万太郎や寿恵子自身の才能をどのように咲かせていくのか、楽しみでなりません!」と期待を寄せている。

 NHK連続テレビ小説『らんまん』は、NHK総合ほかにて2023年春スタート。