俳優の千葉雄大と永山絢斗がダブル主演し、6月4日スタートする『WOWOWオリジナルドラマ ダブル』より、演劇の聖地・下北沢「ザ・スズナリ」前で撮影されたポスタービジュアルが解禁された。

 野田彩子の漫画『ダブル』を実写化する本作は、下北沢を舞台に、ふたりの役者の熱き日々を描く物語。主人公は、天性の才能を持った俳優と、彼の才能をいち早く見出し世に送り出そうと支える“代役”俳優の2人。天性の魅力と秘めた才能を次第に開花させていく宝田多家良を千葉、自身も「世界一の俳優になりたい」という夢を抱きながら、多家良の才能にほれ込み、演劇のいろはを教え生活も支えるもう一人の主人公・鴨島友仁を永山が演じる。

 会社勤めの宝田多家良(千葉)は舞台の呼び込みに導かれ、劇団英雄の公演を観劇。出演していた鴨島友仁(永山)の芝居に心揺さぶられ、会社を辞めて役者の道へ進むことを決意する。劇団英雄に所属することになった多家良に、友仁は芝居のいろはを教え込む中で、多家良の才能に唯一気付き、彼を世界一の役者にすることを望む。同時に、彼自身もまた世界一の役者になる夢を抱き続けていた。

 2人は奇妙な共同生活を送りながら、役者としての成功を目指す。やがて、多家良は友仁の支えにより才能を開花させ、スターダムに上り詰めていく。しかし、やがて2人の関係にも変化が訪れる。30代、夢を追うか、諦めるか。人生の瀬戸際に立つふたりの役者の熱い人生のひと時が描かれる。

 ポスタービジュアルが撮影されたのは、物語のメインの舞台となるサブカルチャーの街・下北沢。数々の演劇の歴史を刻んだ聖地ともいえる小劇場「ザ・スズナリ」の前で、多家良と友仁の2人が肩を組んでいる。キャッチコピーの「二人の役者の、愛と絶望」とは。2人の主人公がそれぞれ俳優としてどのような道を歩むのか、2人の関係性はどう変化していくのか。放送スタートを前に期待が高まるビジュアルとなっている。

 『WOWOWオリジナルドラマ ダブル』は、6月4日よりWOWOWプライム・WOWOW 4Kにて毎週土曜22時30分放送、WOWOWオンデマンドにて各月の初回放送終了後、同月放送分を一挙配信(全10話)。