お笑いコンビ・空気階段によるドキュメンタリーseason1『自腹100万円!クズの恩返し!』(ABEMA)の第5回が20日放送となる。

 『自腹100万円!クズの恩返し!』は、キングオブコント2021で優勝を遂げ、クズ芸人としても知られる人気お笑いコンビ・空気階段の2人が、お世話になった人たちのもとを訪ねて、毎回自腹100万円を使って本気の恩返しをしていくドキュメンタリー番組。

 第5回では、鈴木もぐらが第2弾となる恩返しを敢行。第1弾で、妻への結婚指輪を自腹100万円で購入したもぐらは、「今日は200万円目! 100万円で終わりじゃないですからね」と札束を持って新宿に登場した。「つまらない日やダメだなと落ち込んだ日は、馬に本当に助けられた。競馬をやるということで、人生に彩りが与えられている」と、20歳の頃からの競馬への熱い思いを吐露し、「JRAに恩返しだ!」と宣言。
 
 生涯成績マイナス5000万でも「人生の楽しさに気づかせてくれた恩です」と語り「100万円で単勝1点勝負!」と意気込むもぐら。相方の水川かたまりは、「もぐらは今、奥さんに競馬禁止されている。競馬をする大義名分としてこの番組が利用されたんですよ…」と呆れた様子を見せる。

 楽屋で予想を立てているところに現れた霜降り明星・粗品は、10番の馬を一着予想。しかしもぐらは、予想をことごとく外すことで周囲から「競馬会最弱神」「粗品の呪い」とも揶揄(やゆ)されている粗品と予想が違ったことに、安堵(ど)の表情を見せる場面も。

 その後、鬼越トマホークの坂井良多と金ちゃんも登場。空気階段の2人の予想に乗っかって、自分たちも当日のほかのレースで賭けることを決意した。坂井は、思い切ってかたまりの予想に乗って10万円を賭けることに。もぐらは、本番のレースに向けて単勝の狙いを定め、自信満々で100万円の札束を馬券に交換。各々が夢を託した馬の運命、そしてもぐらさんの恩返しの行方は…?

 空気階段ドキュメンタリーseason1『自腹100万円!クズの恩返し!』はABEMAにて毎週金曜23時。