女優の原菜乃華が22日、自身のインスタグラムを更新。同日に最終回を迎えるドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系/毎週水曜22時)への思いをつづった。

 『ナンバMG5』は、小沢としおによる人気マンガ『ナンバMG5』『ナンバデッドエンド』を実写化した青春ドラマ。間宮祥太朗が“脱ヤンキー”を決意するものの、次々と事件に巻き込まれてしまう生粋のヤンキー・難破剛を演じる。原は難破家の長女で末っ子の吟子役。

 原は「この数ヶ月間、吟子として生きることが出来て心から幸せでした」と難破家の集合ショットを投稿。「毎回現場に行くのが本当に本当に楽しかった! こんなに楽しんじゃっていいんですか?って位、ずっと笑っていました。笑」と撮影を振り返った。

 さらに原は、こんな経験は初めてだとつづり「自分ってこんなにリラックスして現場に居られるんだって驚きでした。皆さんが本当にあたたかくて…」とコメント。キャストやスタッフとの出会いに感謝し「もう現場に行けないと思うと毎日悲しいですが、成長した姿で皆さんと再会する事をモチベーションにこれからも頑張ります!」と意気込んだ。

 最後には「ナンバ最強! 愛死天流!」とおちゃめにつづり、最終話をアピールした。

 原の投稿にコメント欄には「吟子ちゃんずっと可愛かった」「続編期待しています」「吟子ちゃんロス」「終わっちゃうの寂しい」「難破家、最高でした!」などの声が集まった。

 引用:「原菜乃華」インスタグラム(@nanoka_hara_official)